2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-128- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-129- »

【理絵子の夜話】差出人不明-5-

←前へ次へ→

 
 文面も“伝えたいことがあるので会いに来て”という内容ではある。しかし文面以上にその気持ちが強いことが理絵子には判る。必死を通り越し、泣きながらの、命がけの、強い思い。そんな感じ。
 判ってしまう。
 理絵子には言葉を交わさずとも、文字にしなくても、心の中が直接判る不思議な能力が備わる。
 でも、誰にも言ったことはない。警戒されるに決まっているからである。そしてもちろん、恣意的にその能力を行使することはない。
 心の中を覗く趣味はない。
「……4丁目の踏切ってどこだっけ」
 理絵子は桜井優子に尋ねた。手紙の主は8時に、その踏切に来て欲しいと書いている。
「4丁目?……ああ、あれだろ。例の踏み切り」
「あそこ?」
 理絵子は眉をひそめた。
 その踏切を知らぬ者はこの町内に一人もいない。
 住宅街にあり、人通りが少なく、カーブ線路の終わりに位置する。
 周りに人目はなく、列車の運転士からも見づらい。
 
 自殺の名所。
 
「行くのかよ」
「これじゃ返事も出せないし……そういう場所ならなおのこと」
 理絵子は手紙をちょろっと見せた。
 本文にも差出人の名はない。
「引っかけじゃねぇの?てゆーか一種の脅迫だろ。来ないと飛び込む、みたいな。ひょっとするとそういう脅迫に見せかけて別の目的」
「ならいいんだけど」
 理絵子はため息をついて手紙をカバンにしまった。
 そういう“作戦”ならそうであると手紙から感じるはずである。しかしそうではない。
「しょーがねーな。お人よしというか優しすぎるというか……」
 と言う桜井優子の声をさえぎるように大型バイクのエンジン音。
 校門から中へ入って来るバイクが一台。ライダーはノーヘルメットの茶髪男。
「優子」
 ボーイフレンドである。
「あ、じゃぁな」
 桜井優子は一言残して走り出した。
 

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-128- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-129- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】差出人不明-5-:

« アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-128- | トップページ | アルゴ号の挑戦~東北地方太平洋沖地震~【魔法少女レムリアシリーズ】-129- »