2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-01- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-02- »

【理絵子の夜話】差出人不明-12-

←前へ次へ→

 
 と、その思惟に呼応するように、髑髏の顎(あぎと)が開く。
 ニンマリと笑うかのように、Vの字に裂けて開く髑髏の口。
 髑髏が動く。瞳なき目で自分を見、自分に向かって接近を開始する。口を開き、自分を食らう意思を明確に、ゆっくりと、確実に、自分に、接近する。
 理絵子は気づいた。
 これは。
 この存在は。
 太古より髑髏の姿を持って描かれる、破滅の象徴。
 
 死神。
 
 今ごろ気づいても遅い。死神が嘲笑したように思えた次の瞬間。
 状況が変化したことに理絵子が気づくまで、刹那の時を要した。
 迫り来る白く明るい二つの光。
 カンカンという踏み切りの音。
 続いてファーンという電車の警笛。
 それは、踏み切りの真っ只中に立っている自分に向かい、2つのヘッドライトを灯した電車が接近してくるという現実。
 その時、理絵子は死神の嘲笑を本当に声として聞いたような気がした。
 そして、罠に落ちた彼女を、悔恨を抱く彼女の心理を、その“声”が嘲り笑う。それは死神の意志表示であると気づく。
 曰く、“ざまぁみろ”。
 だめだ。理絵子は思った。
 電車の押す空気が、風として理絵子の髪を流した。
 その次の刹那。
「りえぼー!」
 良く知る低い声が掛かった。
 女の声。強い声。
 声の出現と共に、死神の嘲笑も、そのイメージの残像も、電源を抜かれたテレビのように、忽然と掻き消えた。
 次いで彼女の心理を温かく包み込むものがあり、
 同時に彼女の小柄な身体が、強い腕にしっかりとホールドされた。
 電車のライトが視界から大きく逸れる。
 その瞬間、電車から発せられたバシャーッという空気の吐出音と、ひときわ長い警笛。
 非常ブレーキである。車輪とレールが擦れてキーと音を立て、火花が散る。
 理絵子は目の前を電車の床下機器が行き過ぎてゆく様を見ている。
 

« 【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-01- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-02- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】差出人不明-12-:

« 【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-01- | トップページ | 【妖精エウリーの小さなお話】アイドル-02- »