« 【大人向けの童話】謎行きバス-11- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-13- »

2018年2月 7日 (水)

【大人向けの童話】謎行きバス-12-

←前へ次へ→

 
 ちょっと待て。
 雄一は目を窓際の一点で止めた。
 枝の根元に、すま~した顔でへばりつき、じっと身を固めている、茶色のそいつ。
「何かいるかい?」
 センター長がのぞきこむ。雄一は手をのばし、そいつをつまんだ。
 細い枝を組み合わせて作ったような、〝線状〟とでも書けばいいか、昆虫(こんちゅう)。
 ナナフシ。茶色の個体。雄一につまんで持ち上げられたせいだろう。〝私は枝です〟とばかり、胴体(どうたい)と脚をピンとつっぱって、じっとしている。
Hi380232
(〝私は枝です〟とばかり、胴体と脚をピンとつっぱって、じっとしている@ウチの娘)
 
「良く見つけたねぇ」
 センター長はニコニコ。
「本物初めて見ました……」
 雄一は手のひらにナナフシを乗せた。ナナフシは6本の脚で手のひらに立ったが、それはそれでそのまま動かない。あくまで枝のつもりなのだ。
 センター長は、手のひらのナナフシを、観察するようにじいっと見ると、上の方を見上げた。
「あそこから入ったんだな」
 見れば天井板にも一部穴が開いている。この木の枝は、そこからさらに外へ出ているということか。
「ドングリが熟すとリスも来るよ」
「リスですか……」
 すると、ろうかを歩いてくる足音。
「はいはいお待たせしました。お父さん、座卓(ざたく)出しておいて下さればいいのに」
 尚子さんである。お父さんと呼ぶからには、センター長とは親子、いや、年が近いっぽいからご夫婦なのであろう。手にした四角いおぼんには、朝ご飯一式。
 と、手首には黒い……
 雨ガサ?
「いやぁすまんすまん、ほれ、この子がこれを見つけてね」
 センター長の示した雄一の手のひらを見、尚子さんはまゆをひそめた。
「……あらヤダ動いた。何これ虫じゃない。いやいや。やめて」
「どうもうちの女神たちはダメだなぁ」
 センター長は引き続きニコニコしながら、おし入れのふすまを開け、四角い座卓を引っ張り出した。
 

|

« 【大人向けの童話】謎行きバス-11- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-13- »

小説」カテゴリの記事

小説・大人向けの童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大人向けの童話】謎行きバス-12-:

« 【大人向けの童話】謎行きバス-11- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-13- »