« 【大人向けの童話】謎行きバス-26- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-28- »

【大人向けの童話】謎行きバス-27-

←前へ次へ→

 
「虫とかってさぁ、手のひらとか乗せるとすぐウンコとかしねぇ?」
 自分と同学年くらいであろうか。いつの間にか背後からのぞきこんでいた、男の子が言った。
「こいつ、腹の中ほとんどウンコ」
 雄一はアリジゴクの腹部をエノコログサでつんつんして言った。
「マジ?」
「なにそれ」
「ずーっと土の中で待ってるわけだから、ウンコするところがない。それと、つかまえたアリの体液を吸うから、ウンコの元になるもの食わない。だから、ウンコが少ない。成虫になるとき初めてウンコする。それまで腹にためこむ」
 雄一は言うと、アリジゴクを砂の上に下ろした。
 アリジゴクが、早速そのアゴで、砂をはじくようにして穴を掘り始める。尻(しり)から砂にもぐると、体の上に砂がサラサラ落ちてくるので、そのままアゴではじき飛ばすのだ。
このくり返しで、穴を深くして行く。
「おもしれぇなぁ」
「あとは放っておけば元通り」
 雄一はアリジゴクの作業が順調に進んでいるのを確認すると、立ち上がった。
 気が付けば背後には子ども達が何人か。
「あ、せんせーだ」
 向こうで声がし、自分を見る幼い目。
 女の子が何人か。
「これ、何?」
「きれいな虫」
 土の上を指差す。
「あ、飛んだ!」
 見れば確かに何かが地面から飛び立ち、つーっと向こうへ、そして降りる。
 翅のきらめきで雄一は何か知った。
「あ~近づかないで。また飛んでっちゃうよ」
 雄一は、網が届くぎりぎりまで近づき、網をふるう。
 素手だと難しいが、網があれば、わけない。
 網の中でバタバタ暴れ回る。にげ出さないように網ストッキングの根元を手でにぎり、しぼるようにして、すみの方へ追いつめて行く。
 進退きわまった。緑に赤に、いろんな色がキラキラ光るきれいな背中。
 

|

« 【大人向けの童話】謎行きバス-26- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-28- »

小説」カテゴリの記事

小説・大人向けの童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大人向けの童話】謎行きバス-27-:

« 【大人向けの童話】謎行きバス-26- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-28- »