2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【大人向けの童話】謎行きバス-34- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-35- »

【理絵子の夜話】見つからないまま -02-

←前へ次へ→

 
 放課後。
 理絵子はいつもの通学路を外れ、となりの学区へ通ずる坂道を下る。雑木林を切り開いてできた道で、両脇の見上げる斜面には、一面芝生が植わっている。
 桜井優子が指定した“ロッキー”という名の喫茶店は、この坂道の途中にある。白塗りのログハウス風の小さな店で、おいしいコーヒーで知られており、客の数は多くはないが、逆にとぎれることもない。ちなみに、理絵子たちの学校は生徒だけでの入店を禁止しており、時折PTAによる巡回があることもあって、中学生が入ることはほとんどない。
 ドアを開く。ドアベルがカランコロン。
「いらっしゃ………あ、りえちゃん、優子待ってるよ」
 ひげのマスターが陽気に言った。
 二人はここでは常連である。桜井優子が元よりマスターと知り合いであり、理絵子は理絵子でモニター……味見係だからだ。これは、マスターの過去と理絵子の父親の仕事……警察……の関係による。なお、入店禁止はそうしたマスターの過去に伴うが、二人はマスターと直接の関係があるため、PTAの巡回も二人に文句を言えない。
「コーヒーでいいかな?」
「うん。あ~、ケーキなんかある?」
「今日はシフォン」
「食べる。優子は?」
「……別にいいよ」
 桜井優子は窓際隅っこのテーブルにあり、窓の外を見たまま、どうでもいいという感じで言った。お冷やの氷が溶けて動いて小さな音。
「待たせちゃったね」
 桜井優子の向かい側に座る。店内には他に女子大生の二人組。
 桜井優子は何も言わない。二人組が出るのを待っているのだと理絵子は知る。
 カウンターでコーヒーサイフォンがぼこぼこと音を立てる。
「お待たせ~」
 程なく、マスターがそのコーヒーとケーキを持ってきた。
「深刻な話?」
 マスターが桜井優子を見て言った。
 

« 【大人向けの童話】謎行きバス-34- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-35- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】見つからないまま -02-:

« 【大人向けの童話】謎行きバス-34- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-35- »