2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【大人向けの童話】謎行きバス-59- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-60- »

【理絵子の夜話】見つからないまま -27-

←前へ次へ→

 
“ここ”はろくろ首なる女性の内的世界。すなわち心の中。
 理絵子は“目”を開く。心の世界を眺めるための超感覚の目を開く。
 止まった時空であるとまず判る。
 概観する。古い人、江戸時代の女の人である。夫婦となったが、夫は他に女を作り、邪魔になった彼女を殺して、近くの古井戸から捨てた。
 誰も彼女の死を知らない。遺体も放置。
 裏切られた悲しさ。悔しさと憎悪。
 自分は何も悪くない……そりゃそうだ。理絵子は同情を禁じ得ない。
「やめてくれ」
 ろくろ首が弱気な声を出した。
 理絵子はまぶたを開ける。そこには萎縮し、元の大きさに戻ったろくろ首の姿。
 認識が二つ。一つは祖父の考え。自分がこのろくろ首から念力で脱出し、退治にかかっている。そして、そういう理解が恐怖を半減させている。
 もう一つはろくろ首の意識。自分の同情に動揺している。
 判ってくれる娘がいる。その認識が、自分に対する拒絶、攻撃の心理と抗っている。心を覆う鎧を外そうとしている。怒りと憎悪で、二百年の歳月で堅くなった、心の外壁を崩そうとしている。
 受け止めてくれる存在を探していたのである。見つけてくれる存在を探していたのである。裏切られ悲しい自分を抱きしめてくれる腕と、わぁわぁ泣かせてくれる胸を探していたのである。
 理絵子は抱きしめた。
 祖母の身体を通じ、ろくろ首となった女性を抱きしめた。
 探してあげる、きっと私が探してあげる。
 つらかった。ずっとずっと、誰にも探してもらえず、判ってもらえず、とてもつらかったね……。
 でももう、誰も待たなくていい、誰も苦しめなくていい、私が今、あなたを見つけた。
 イメージか来る。雑木林。この近くの場所。女性はそこから古井戸へ突き落とされている。
「約束だよ」
 

« 【大人向けの童話】謎行きバス-59- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-60- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【理絵子の夜話】見つからないまま -27-:

« 【大人向けの童話】謎行きバス-59- | トップページ | 【大人向けの童話】謎行きバス-60- »