« 【妖精エウリーの小さなお話】デジタル -01- | トップページ | 土曜枠について »

2020年8月 8日 (土)

【理絵子の夜話】知ってしまった(かも知れない)-08・終-

←前へ理絵子の夜話一覧へ→

「どうもありがとう。さぁ、みんな行くよ」
 王子様が立ち上がる。と、王子様のネコ“ますむらくん”が、中井の腕から飛び降り、彼の肩の上に。
 次いで、集まっていた老いたネコたちが、王子様の周りに集合。まるで団体旅行の集合時刻。
 それこそマンガばりの異様な光景。少女達は目が円くなり、声も出ない。
 一陣の風。
 王子様のマフラーが吹かれて飛んだ。
「あっ!」
「ほーら部長風吹かすから」
 すっかり暮れた空に舞い上がったマフラーを彼女たちは追った。
 少し離れた場所に落ちる。
 拾おうとして、中井が気付いた。
「へ……」
 それはマフラー、ではない。
 鳥の羽根、否、羽根ペンがふわっと人数分ひと盛り。
 ペンの山から紙が一枚。メッセージ有り。

“差し上げます。ありがとう、優しい彼女たち”

 振り返ると、王子様も、ネコの姿もない。
 無人の公園に自分たちだけ。
「な、何この状況は」
「まぁ、そのままお話に出来る、んだろうね」
「文芸部きっての超リアルショートミステリーってか?」
「どうよ部長」
「死期を悟った野良猫は、人前から姿を消すという。さ、ラーメン屋は空いたかな?」
 理絵子は、それだけ言うと、ぺろっと舌を出して歩き出した。
「なにそれ!」
「腹立つ。自分だけ知った風に」
「こら待て!いっつも自分だけおいしいとこばっかり!」
 なんと言われてましてもお話しすることは出来ない“約束”ですので。

知ってしまった(かも知れない)/終

●理絵子の夜話シリーズ一覧へ

■創作物語の館トップへ

|

« 【妖精エウリーの小さなお話】デジタル -01- | トップページ | 土曜枠について »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【妖精エウリーの小さなお話】デジタル -01- | トップページ | 土曜枠について »