« 【理絵子の夜話】午前二時の訪問者 -04- | トップページ | 【理絵子の夜話】午前二時の訪問者 -05- »

2020年9月16日 (水)

【妖精エウリーの小さなお話】デジタル -04-

←前へ次へ→

 大いなる黄泉の星はブラックホールのことでしょう。大質量の星は自らの重力に耐えきれず超新星爆発を起こしてその生涯を終え、永遠に縮んで行きます。これがブラックホールです。その強大な重力の影響で、ブラックホールの周りの時間は外から見ると遅れて見えます。“止まった時を身にまとって”いるのです。なので、永遠に近い時が過ぎてもそこでは始まりの時のまま。
 その「差」が、何かを起こした?
〈時を経て生まれたとするならば、永遠の未来にのみ生きる物があるのでしょうか〉
 木霊さんが言いました。私にお尋ね?
 ただ、話の流れからして、永遠の未来は宇宙論スケールの遙かなる未来でしょう。王宮図書館でめくった分厚い本に書いてあったのは。
「形ある森羅万象は陽子と電子と中性子、の集合体です」
〈そのようですな〉
「ただ、永劫に近い時の果てには、その陽子も壊れるとされます。残るのは電子と、その反物質」
〈反物質の生命ですか……〉
「いえ、それすらも存在出来ない未来です。電子と、その反物質である陽電子の対とで形成される“ポジトロニウム”のみが存在できる、極寒で密度の少ない宇宙です。そのポジトロニウムのみで出来た生命」
 それは膨張宇宙論の果てに出て来た概念です。21世紀初頭のSFネタにされました。実験室で出来るポジトロニウムはプラスとマイナスの電気ですから、出来たそばから相互に引き合い、“対消滅”して光に化けてしまいます。比して簡単にくっつけないほど離れていれば、“ポジトロニウム原子”として安定して存在出来る。
 但し原子1個のサイズは数十億光年。
〈それでは、その生物は宇宙より大きくなってしまいますね……いや、もしかするとこの宇宙、既に虜であるのかも〉
 宇宙より大きな生命があって、宇宙そのものを食ってしまう。
 それはさながら、クラインの壺の姿。
 え?
「まさか!」
 私は目を閉じます。感じようとします。それは超常感覚的知覚の起動です。それでしか感じ取れない何かがあれば、“無”の中に“乱れ”として検出されます。“判ってしまう”などと言います。
 但し、純粋に電気的な乱れが検出出来るかどうか。
 仮に生命だとして、電気だけで出来た生命が検出出来るかどうか。
 電気だけで出来た生命があるとしたら、それは、コンピュータのソフトウェアと同じではないのか。電波を感じようとするのと何が違うのか。
 私たちは超能力ですら判らない大いなるピンチの中に居るのではないか。

(つづく)

|

« 【理絵子の夜話】午前二時の訪問者 -04- | トップページ | 【理絵子の夜話】午前二時の訪問者 -05- »

小説」カテゴリの記事

小説・妖精エウリーシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【理絵子の夜話】午前二時の訪問者 -04- | トップページ | 【理絵子の夜話】午前二時の訪問者 -05- »