« 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -03- | トップページ | 【予告】理絵子の夜話シリーズについて »

2021年1月 2日 (土)

【理絵子の夜話】午前二時の訪問者 -20・終-

←前へ理絵子の夜話一覧→

 田島綾が口をとがらせ、二人の間に割って入り、同様に後ろを向いて、シャンプーのCMよろしく気取って頭を振るが。
 彼女の髪はいわゆる“おかっぱ”であり、しかも巻き毛なので、黒髪サラリ、には、原理的にならない。
 大人達がクスクス笑う。
「いやいや綾ちゃん。女の子は変わるぞ。コイツだって」
 と、主人氏、女将さんを指差すが。
「ひど。それって『今はひどいから変われ』って言ってるのと同じじゃん」
 このセリフに本橋美砂はついに吹き出した。
「あはは……」
「うわー、花咲くみたいに笑うね。あんた」
「いい笑顔だ。黒野さん。この子もらった」
「さぁさぁいらっしゃい。今日からここがあんたの家。まぁ最初のウチは色々あると思うから、遠慮無く言って」
「そうそう。オレも屁たれたり鼻ほじったりパンツ一丁でうろつくかもワカランがまぁ気にするな」
「いやそりゃあんたレディの前で失礼」
「娘に気を使う親父があるもんか。あ、荷物は2階に入れてあるから好きに散らかしな。あとスピーカーの箱があったけどあれ箱だけ……」
 夫婦は本橋美砂の背中に手を回すと、漫才を続けながら、半ば強引なくらいに黒髪の少女を宿の中に案内した。
 本橋美砂がおっかなびっくりと言った調子で、漫才夫婦を交互に見やる。マシンガントークのせいで、余計なことを考えるヒマがないのである。
 そのスキに女将さんがちらりと振り返り、ぺこりと頭を下げる。
 後はお任せ下さい。の意であると理絵子は判断し、会釈を返した。こういうのはグダグダ別れを惜しむものでもない。
「こちらのご夫婦に任せましょう」
「りえぼーのそういう表情、ドキッとする」
 田島綾のコメント。
「え?」
「ここという場所がそうさせるのかも知れないけど、本当に巫女さんみたいなんだよ」
 澄んだ水と冷涼な山間の空気。気が引き締まるような感じを覚えるのは確かだが。
 父親がクルマのドアを開ける。
「じゃぁ、あとは塙さんにお任せして。田島さん、もう少しいるかい?」
「あ、いえ、かまいません。行きましょう」
 二人は乗り込み、父親がクルマをスタートさせる。
 理絵子は後席で振り返り、同様に宿の2階窓からこちらを見ている本橋美砂と顔を合わせる。
 この出会いは、きっと何かの始まり。

(午前二時の訪問者/終)

●理絵子の夜話一覧へ
●創作物語の館トップへ

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -03- | トップページ | 【予告】理絵子の夜話シリーズについて »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -03- | トップページ | 【予告】理絵子の夜話シリーズについて »