« 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -07- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -08- »

2021年3月 6日 (土)

【理絵子の夜話】サイキックアクション-02-

←前へ次へ→

 玄関呼び鈴チャイムがピンポン。
「はーい」
「私でしょ」
 母親の声を遮り、理絵子は2階から階段を降り始め。
 気付く。
「伏せて!」
 理絵子は残り数段を駆け下り、1階廊下に立ってこちらを見ている母親の身体を引き倒した。
 パン、パンと乾いた、かんしゃく玉の破裂に似た音がし、玄関ドアと台所からわずかなタイムラグを持ってバシ、バシ、と鋭い音が出る。
 銃弾である。
 護身の真言を唱えようとするが不要と判ずる。相手は庭へ動いている。その様が手に取るように判る。が、何も出来ない。
 否。
〈理絵ちゃん任せて〉
 庭へ走り込む拳銃片手の目の前に、陽光輝く天から突如、ブレザーの制服を着た“姉”がふわりと降り立つ。
 その姿と言動から理絵子が“みさねーちゃん”と呼んでいる娘。
 本橋美砂(もとはしみさ)。17歳。念力使い。
 降りて来ただけで拳銃片手の私服警官が透明な張り手を食らったように突き飛ばされる。天からふわりと降りて来たと書いた……彼女は弘法大師空海の伝説よろしく空を飛んできた。念力の分類用語で空中浮揚(レビテーション)とか言う。
 だが、そんな分類、どうでもいい。
 私服警官が庭先にゴロンと転がり、動かなくなる。
〈そこにいるぞ!〉
 声だけ。アルヴィトであった。私服警官は憑依され操られており、前後不覚に伴って憑依の主体が中から出てくる。
 人型のような“もや”が陽光降り注ぐ庭先で超視覚に映じた。
〈見てはならん。罠だ〉
 人型の向こう、超視覚野に白馬のアルヴィトが出現するや、腰の大剣を抜きながら振るった。
 大剣がもやを切り裂く。割れた水風船のように、飛び散る水しぶきのように、もやの構成要素が四散する。
 アルヴィトの表情に失敗が見て取れた。
 それを本来の目的とする罠だったのだ。もやの正体は個々の怨念が集合してできあがった一種のゲシュタルト。それが多数の霊体に分裂した。
 多数が同時に具象化するのを阻止することはできまい。

(つづく)

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -07- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -08- »

小説」カテゴリの記事

理絵子のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -07- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -08- »