2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

めーるぼっくす

無料ブログはココログ

« 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -15- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -17- »

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -16-

←前へ次へ→

 観客が一斉に振り返る。
 女の子二人。レムリアと坂本美咲。
 マジシャンがよく身につけるスーツとシルクハット。レムリアのそれは白、坂本美咲は黒。
「あー、君か、認定試験の受験者は。入りたまえ」
 ふんぞり返って偉そうにして腕を伸ばし、オイデオイデ。
「もう入っています」
「細かいこと気にするな。こっちへ来たまえ。ちゃんと皆様にご挨拶しながら、な」
 平沢は観客席に両腕を広げるようにして指示した。それはショーの始まりの合図である。
 本番。
「……は、はい」
 坂本美咲は緊張気味。
「はいはい、帽子を手に持って。早くしないとあふれちゃうよ」
 見世物その1シルクハットの中からお菓子を出して配る、なのだが。
 坂本美咲の頭の上でハットが左右に動く。まるで中に何かいるよう。
 坂本美咲が慌ててハットを手にして裏返すと、中からリスがひょっこり。
 どんぐりを前足で持って食べている。
 坂本美咲は呆然としている。いきなりシナリオから外れているのだ。
 一方、リスの存在に気づいた女の子を中心に、どよめきと「かわいい」の声。応じてお年寄りの方々の口元も緩む。
 心つかめばそこまで。これで坂本美咲が困ってしまうというのは本意ではない。
「サキ、それは私のドジ帽子では?交換しましょ?」
 どうしていいのかと固まってしまった坂本美咲……“サキ”にレムリアは助け船。
「え?あ、そうかも。はい」
 白で統一しているレムリアと、黒で統一している“サキ”と。
 シルクハットを交換すると、
 マジシャンスーツも併せて入れ替わる。
「おおっ?」
「え?うそ何今の」
 サキも応じて驚いたわけだが、リスが彼女の頭の上まで駆け上がり、何らかリアクションをする暇を与えない。
「では魔王教官準備できましたのでよろしくお願いします」
 レムリアはそう言って促した。ここから事前シナリオ通り、“次々モンスター出現”。
「うむ、見せてもらおう。最初は“モンスターマジック”だったか?」
「あ、はい、そうです。このリスが次々、みんなも知ってるあのモンスターに変わって行きます」
 サキは進行を合わせ、まずは帽子をかぶせて、取った。

(つづく)

« 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -15- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -17- »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -15- | トップページ | 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -17- »