« 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -23- | トップページ | 今後の予定など »

2023年7月26日 (水)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -24・終-

←前へレムリアのお話一覧→

「高校野球でスター選手と持て囃されても、いざプロに入ったらボコられて記憶にも残らず引退する……ということは、時々、あります。そういう、ことですよね」
「その通り。だから多分、なんだけれども、皆さんは、それぞれに、自分の足で、自分の考えで、今、確実に一歩進んだ、そう思うんです」
 副住職の言葉に、坂本美咲は手の中のルーンを広げて見つめ、そして。
「姫ちゃ……相原さん」
「はい」
 答えた彼女の前に差し出す。
「返す。判ったんだ私。あなたに追い抜かれたような気がして嫉妬しただけ」
 それは、その場の聴衆には、転入生が溶け込めない自分を追い抜いていった、と受け取られよう。比してレムリアに対する意味は違う。
“2人の仲を引き裂こうと思った”
 レムリアはルーンを受け取り、いったん握り、
「お持ちなさいな」
 手のひらを開いて返す。それは文字はそのまま、ペンダントとして首から下げられる紐がついている。
「おお、鮮やかだ」
 これは副住職。
「この文字、エルハツの意味を知る限り列挙してみて」
「守護、防御、友情……」
 坂本美咲はハッと見開いてレムリアを見た。
「あなたは私たちの友達です。その石はあなたの願いを叶えました。違いますか?」
 坂本美咲の瞳が黒曜石を見たように見開かれ、揺らぎ、涙が浮かび、極寒に放り出されたの如くブルブル震え出す。
「坂本さんどうした?大丈夫か?」
 平沢が立ち上がろうとする。
「違う……」
 坂本美咲はそれだけまず言った。
「すごすぎて震えてるの……すごすぎて……私このルーンお守りにもらったの。護符の意味もあるからって……。でね、さっきのエイヴァーツ。あれは死後の再生とか、再生とか、要はリスタートの意味がある……合わせると友達としてリスタート……」
 坂本美咲はエルハツのルーンを首から下げた。
「ありがとう。離さない。これ、もうずっと離さない」
 坂本美咲は胸元の輝く光を、自分自身ごと、両腕で抱きしめた。

魔法の恋は恋じゃない/終

→レムリアのお話一覧へ
→創作物語の館トップへ

|

« 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -23- | トップページ | 今後の予定など »

小説」カテゴリの記事

小説・魔法少女レムリアシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -23- | トップページ | 今後の予定など »