小説・魔法少女レムリアシリーズ

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -11-

←前へ・次へ→

「ステッキをどうぞ」
 振ると、先端から花束出現。
 坂本美咲は声も出ない。
「いかがでしょう。同じシナリオなら再現できるけど。私個人は動物をよく使うけど屋内イベントだとちょっとねぇ」
 レムリアは言いながら四阿の屋根の外、上空へ向かって手を伸ばし、オイデオイデの手つきをした。
 降りてくる風一陣。四阿の塀に止まる鳩。
 文字通りその辺にいるドバトである。丸い目で二人を交互に見、小首を傾げる。その仕草には知性をうかがわせる。
「呼んだの?」
「まぁ。はい、行っていいよ、ごめんね」
 レムリアは手のひらを開き、出てきたクルトンをひとつまみ鳩に咥えさせ、指をパチンと鳴らした。
 鳩がいくらかの羽毛を散らして飛び立って行く。
「すごすぎる……」
 坂本美咲は四阿の椅子、円形の壁に沿って配された木の板にへたり込んだ。
「平沢君ってあなたの手品見たことあるの?」
「フルコースはないよ。教室でやってる小ネタを見てる位。その辺はむしろ諏訪君が知ってる」
「諏訪君……」
 坂本美咲は口ごもった。
〝諏訪君が福島と地縁があるため、原発事故と絡んであることないこと言ってきた〟
「知っての通り平沢君は諏訪君の味方だし、諏訪君も呼ぼうと思ってる。どうしますか?」
 ちなみに彼に関わる風評被害の払拭にはこれ務めた。ただ、理論に基づく説明を〝ねつ造だ〟と言いつのる手合いはあった。
 坂本美咲は思い出したようにはっと目を見開いた。
「ルーンに訊いてみたい」
 それは今回拠り所としている魔法書の物言い、迷ったらルーンに訊け……ルーン文字の占いをせよ。
「そのシルクハットから出るよ」
 テーブル上、シルクハットに坂本美咲は手を入れた。
 文様の刻まれた水晶の小石。
 ギリシャ文字の〝Ψ〟に似ている。
「エルハツ(elhaz)……」
 坂本美咲は呟いて、そのまま水晶のルーンを見つめた。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -10-

←前へ次へ→

 坂本美咲が四阿の隅に向けてステッキを振り下ろすと、先端からおもちゃの花がポンと生えて開いた。
「あらギャグモードになっちゃった。物陰ってのがないからね。えーと、その花を抜いてみて下さい」
「うん」
 坂本美咲が言われた通りおもちゃの花を抜き取ろうと手で茎の部分に触れると。
 本物のコスモス1輪。
「え?え?」
「手品ですから。そういうのは女の子やお年寄りでもウケるよ。もう一度……えーとね、あなたのカバンをコツンと突いてみて」
「……もうわけわからない」
 坂本美咲は自らのスポーツバッグをステッキ先端で突いた。そして。
「言わなくていい。ありえないもの出てくるんでしょ」
 バッグのジッパーを開くと、世界的に有名なモンスター同士を戦わせるゲームに出てくるモンスターのぬいぐるみ。
 坂本美咲はあきれたようにため息。
「これ、主人公が相棒に設定したら頭の上に乗るよね」
 キツネを思わせる顔立ちだがウサギのような耳。
「頭の上に載せたら何をしたくなりますか?」
「シルクハットを……まさか」
 坂本美咲は出て来たモンスターを頭の上に載せると、シルクハットを被って、脱いで。
 別のモンスターにチェンジ。間抜けた顔のカバのような。
「もう一度」
 今度はアンモナイトのような。以下、シルクハットを扱うたびにモンスターの種類が変わる。
「え、何これおもろ」(面白い、の意)
 坂本美咲は自分自身面白がってシルクハットをひょいひょい。
「それ、子供たちに人気のモンスターに変えようとしてクソザコ(※)ばかりなら笑いが取れるでしょ」
 何度か載せ替えるうち、イモムシ形状のモンスターになって、先ほどのコスモスをその口に咥えている。(※クソザコ……糞雑魚の意。要するに格好悪くて弱い)
「え?何これ!」
「食べちゃった。どうしたい?」
「え……新しく出したい」

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -09-

←前へ次へ→

3

 夕刻の四阿。
「わぁ……」
 レムリアの提案を聞いた坂本美咲は、まずは瞳キラキラで見返して来た。
「あの本にあったんだ。『あなたの友が真の友か魔女ならば、あなたが思う以上の強い機会をあなたにもたらすだろう。それを生かせば血を流す必要はない』……ありがとう」
 あ、そうなの?レムリアは声に出さず応じた。“血を流す”は取得した“相手が触れた経歴のあるもの”に血液を垂らすという儀式のことである。
 生命の根幹である血を捧げることで決意を示すものだが、その絵を想像するといささかグロテスク。
 回避できればそれに越したことはあるまい。
 しかし次の瞬間、坂本美咲はおどおどと目線を迷わせた。
「で、でもどうしよ。彼と話したことないんだよね」
「漫才がアドリブでできると思わない。シナリオが必要でしょう。作ればいいんじゃない?」
「手品そのものは?」
「私がやるから。美咲ちゃんはそれっぽく小道具扱ってくれればいいよ。えっとね」
 レムリアは立ち上がって左の腰元をパンと叩き、四阿の机の上にシルクハットを置いた。
「え?どこから?」
「企業秘密。それと」
 右の腰元を叩くとステッキがごろり。
「更にあなたの胸ポケットにハンカチ入ってるでしょ」
「え?は?嘘で……おお、あるがな」
 坂本美咲はブレザー制服胸ポケットに指を入れ、赤いハンカチを引っ張り出した。
「いつの間に……」
「私の小道具は大体この辺。おおむね、挨拶がてらお菓子を出現させて……シルクハットに手を入れてみて」
「こう?……え嘘でしょ」
 坂本美咲は言われた通りハットに手を入れて持ち上げた。一口サイズで小袋に入ったスナックにキャンディ。
「戻すと消えます。それをみんなに配って、まずはテレポーテーション系。ステッキで指したところからお菓子やおもちゃ……適当にステッキで指し示してみて」
「こう?あれ?」

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -08-

←前へ次へ→

「どうしたの?え?大丈夫?どこかケガしたとか?急に痛い?」
 彼女は言ってから、気づく。
 これは違う。
 そしてテレパシーによる察知がない。それは成り行き、示唆に任せるべき事象の証。
「判らねぇ……なんか……なんか、ぐわんってココを揺さぶられた気がして……その……ウケ狙いの目的が違うというか……」
 彼はココ、と自分の胸板をドンドン叩いた。
 今、彼の心に革命が起きる。レムリアは意識した。そしてそれは今ここで彼に明確化して良い。
 それは恐らく自分の使命。
 婿殿候補の時がそうであったように。
 ことばが、宿る。口を突く。
「その答えは私に言わせてください。君は容姿や言動のゆえにいわれなき排斥を受け続け、それに抗う手段として“受けること”を無意識に選んだのでしょう。それは、君自身のために、が最初の動機であったかも知れないけれど、もう、その役目を終えて君のスキルの一つとなり、君以外の誰かのために生かすステージへと進んだのです」
 果たして彼は茫然と彼女を見つめた。
「それは……つまり……」
「自分を守るためではなく、誰かのために」
「誰かのために……」
「うん」
 彼女はにっこり答えてから、ひとつ思いついた。
「いっぺん一緒に行ってみる?デイケアセンターのイベントねーちゃんやってるけど、ダンナだとマジックショーの助手は出来ても……そのなんだろ、“ボケ”がへたくそでさ。シュールなのはさておきスラップスティックなコントができないんだよ。さっきみたいなすっとこどっこいなギャグが出来れば」
「姫ちゃんと漫才?」
「うん」
 にっこり笑って頷く。
「マジで?」
「マジで。いつも手品じゃネタが尽きる。でも部活優先だよ」
 坊主刈りで輪郭もごつい彼の頬が見て判るほど朱に染まり、そして笑んだ。
「来週中間試験1週間前だから部活停止になる。それなら行けるぜ」
 ん?それっていいのか。
 ま、いいか。
「あとね、出し物に“魔女”を呼ぼうと思う」
「魔女?……」
 彼の眉毛が左右で角度を違えた。
「姫ちゃん充分魔女だと思うけど」

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -07-

←前へ次へ→

「はんぷくよことび?」
 帰国子女に分類されるレムリアはそれが何か知らないので訊いた。が、即座にシャカシャカ横ばいするようなイメージが意識に沸いて理解した。
 それは平沢が説明用に意識に思い浮かべた映像を直接彼女自身が見たためである。そういう能力を彼女は有する。知られた用語でテレパシーという。
「こう」
 平沢は実演して見せた。見た目学生カップルの片方がやにわに反復横跳びを始めたわけで、居合わせた人々が怪訝な目。
 小学生っぽい子供たち数名がゲラゲラ笑う。
「こう?」
 レムリアは真似して見せた。公園遊歩道で男女が反復横跳び。
 小学生たちは座り込んで爆笑した。
「おもしれー!」
 自分たちの所作が“ウケた”ことに平沢が気づいたらしい。彼はクラスで道化役だが、笑わせるのが大好きなのだという。
「おもしれぇか?」
「めっちゃおもろい!」
「そうか。これに“女神のレリーフ”を混ぜるとこうなる」
 女神のレリーフとは、どうやら古代エジプト王墓のレリーフに見られる、両手を広げて手のひらを上に向け、顔を横に向けたポーズのことらしい。
 ついでなのでレムリアも一緒になってそのポーズで左右に飛んでみる。
「あっはっは!」
「何これ!」
 子供たちに受けることそのものは自分としても本望だ。だから自分の場合マジックショーをやっているのだ。
「以上」
 ひとしきり笑わせた後、二人はピタリと動きを止め、何事もなかったかのように二人して歩き出す。
 背中でまだ笑っている子供たちと、笑顔の大人数名の視線を感じる。
「姫ちゃんイケるねぇ」
「長く入院している子供たち、施設にいる子供たち、お一人のお年寄り、笑顔が少しで増えれば素敵だと思って」
 途端、平沢は立ち止った。
 同時に感じる、彼が意識に受けた巨大なショック。
 振り返ると坊主刈り喉仏グリグリの180センチが涙ボロボロ。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -06-

←前へ次へ→

2

 彼の名は諏訪利一郎(すわ りいちろう)といって、喘息の持病がある。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で通っていた病院が損傷、心配した両親親類の勧めもあり、東京多摩地区の叔父宅に身を寄せている。そこから中学校までの行き帰りに彼女レムリアが付き添い、さらに自称“ボディガード”として平沢進(ひらさわすすむ)が同行している、という次第。この10分程度の道程でレムリアと平沢は諏訪君から数学を教えてもらい、更に諏訪君を送り届けた帰り道、レムリアが平沢に英語を教えている。“二人一緒に歩いている”目撃はこの復路のスタイルによる。
 諏訪君が横断歩道を渡ったところで付き添いミッションは完了。
「じゃぁ小テスト返すね。」
 来た道を戻りながら、彼女は葉書サイズの紙を平沢に返した。自作の“成句”の小テスト10問10点。
 3点。
「マジか……ちょっと自信あったんだけどな」
「暗記は出来てると思うんだけど、スペルミスがね。soonがsonになってるし、それは息子。後はなんだろ、ローマ字読みしてそれをフィードバックしちゃってる感じ」
「あー、そうかも。でもどうやっても覚えられないんだ。どうしたらいい?」
 ここで彼に返した答案はコピーである。オリジナルは坂本美咲のために確保した。
「裏に練習問題を作ってみた」
 今回間違えた単語と、よく似た綴りや、発音と字面が一致せず覚えにくいものを並べ、隣に同じ物10個書け。
「書いて、何度も書いて、クセとして身に着けるしかないと思うよ。そうすると『ああ、練習した面倒くさい奴だ』って意識付けになるし、最終的には体が覚える。普通、文章書く時って、手を動かすだけで文字の順序とかいちいち考えないでしょ。そういうレベルに持って行くしかない。スポーツもそうじゃない?打つとか投げるとか、考える?」
 彼は野球部である。
「考えない。あー、そういうことか」
「楽して上達する道はなし。野球のスキル維持する練習鍛錬よりは単純で楽だと思うけど……ちなみにルーティンってどんなことしてる?」
 それは坂本美咲に“すすむくん情報”を教えるためであるとともに、routineという単語を実感を持って覚えてもらうためであり、比較して軽いでしょと思ってもらうためでもある。
「るーちん?」
「そう。決まり事のこと」
 渡した練習コーナーに一つ書き足す。routine。
「こんなスペルなんだ……えっとね」
 6時起きして柔軟、腹筋、腕立て。ランニング15分。素振り200回。反復横跳び15分。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -05-

←前へ次へ→

 真顔で問うてみる。
「姫ちゃん怖い……本物の魔女みたい……」
 肩をすぼめて目線を外す。その反応は、はぐらかし、とは判じたが、それ以上は追い詰めなった。
 魔法がそんなやすやすと成就するなら、今頃世界はわがままな金持ちによって無茶苦茶になっている。
 ページをめくる。読んでレムリアは思わず小さく笑った。
「それと、このことを忘れないでください。あなたの思いを叶えることが、大いなる意思に背くものであるなら、大いなる意思は全てをなきものとすべく相応しい者を遣わし、あなたは二度とこの書を手にすることはない……美咲ちゃん。これで、私がその、相応しく遣わされたのだしたらどうする?」
 坂本美咲は逸らした目を直ちに戻して大きく見開いた。眼鏡のレンズより大きくなったかと思うほど。
「それ本当?」
「覚悟を問うてるのだと思いますよ。あなたがこれを信じるなら魔女はいるわけだし、応じた取り消される可能性、リスクもあります。軽はずみではありませんか?……私の知る限り、本物の魔法は女の子のおまじないとはワケが違いますよ」
 坂本美咲は即答はしなかった。その時間にレムリアは本を閉じて返した。
 坂本美咲が受け取る……“本を手にできた”。
「やる」
 坂本美咲は強く、短く言った。
 決意が結ばれたとレムリアは理解した。
「姫ちゃんは彼と友達になれた。それは、彼が女の子をきちんと見てくれることだと思うし、姫ちゃんが私の話をちゃんと聞いてくれたこと自体、“お導き”だと思うし」
「判りました」
 レムリアは短く応じた。
「明日には渡せるよ。彼が手にしたもの。半年の習慣づけってどの位できたの?」
 自分たち思春期の娘に屠られたもの……動物性たんぱくを摂るなというのは思想信条抜きに成長という観点から良くないのであるが。
「ずっと大豆ハンバーグ」

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -04-

←前へ次へ→

 そこまで読んでふと見ると、坂本美咲のナップザックのポケットには“天然水”のペットボトルが入っている。
 次、“友”のところ。要求事項。自分が読んでしまっていいのか?そうと知らずに自発的に動いてくれるように(そう仕向けるように)、事態を持って行くのが良くあるパターンのように思うが。
 ま、いいけど。
“あなたが友と認める者が真の友であるならば、その友は喜んであなたの頼みに応じてくれましょう。但し友が手に入れてくれたお相手の授かり物が、あなたの求めたものと相違しても、あなたは不平を口にすることも、猜疑心を持つことも、なしてはなりません。それは破滅を暗示します”
 あ、やっぱ良くない。が、時既に遅し。
“このことは、友の姿をした、しかし友でない者には伝えてはなりません。(虫食いで読めず)にも伝えてはなりません。隠しておいた全てが顕わとなり、あなたの望みは破壊されます。ただし、導く光に正しく従うならば、その光はあなたの正しい姿を教えるでしょう”。
 そこでレムリアは坂本美咲を見た。
「私があなたの“友達”であることを否定したら終わり、というかそもそも始まらないねこれ」
 坂本美咲がギョッとした顔で見返す。
「それって……」
「そんなこと言わないけどさ。逆に友達として言うけど取り組む姿勢が少し安易だよ」
 言うだけ言って反応は待たず続きを読む。ここまでを見る限りこの本は、オカルト乙女……追って“中二病” の一類型と知るのだが……に向けた、ファンタジックなおまじないではなさそうだ。北欧系の産業革命以前に書かれた、すなわち“本物の魔女”がいた時代の書物翻訳と感じる。
 ならば。
「紹介する作法は正しく実践されるほどに叶う可能性が大いに高まって行きます。対しお力賜る方への不義や作法への誤謬が重ねれば叶う可能性は減少に転じ逆に不幸への道が色濃くなって行きます。……なるほど。一つ訊きますが美咲ちゃん。あなたはあなたの思いを叶えるために命を懸ける覚悟がありますか?」
 彼女は少し音読して質問を投げた。
「命がけ?」
「そうです。彼は私が好きだと言ったのです。それを100パーセントあなたへ振り向けるのですから、応じた覚悟を要求されます。なぜならそれで誰かの運命が変わるかもしれないからです。魔法は元々最大の価値である命を対価に魔族を従え、欲望目論見を強制するものです。彼らかて天使精霊からの制裁リスクを背負ってまで誰かのために働いたりしない。割に合いませんからね。運命を変えるとはそういうことです。あなたの何かを犠牲して、あなたの目論見通りに仕向ける。そこまで真剣に考えてますか?

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -03-

←前へ次へ→

「笑いはしないけど、正攻法じゃないと思うな。きっかけ作って声をかける、じゃないの?」
 一応正論。ただ、この娘の心はどうやら決まっているらしい。
「そう……だと思うんけど、姫ちゃんの言うとおりだけど。同じ女の子に協力してもらえないような奴に男の子の友達なんかもっとハードル高いよ」
 坂本美咲は花しぼむようにしょげて肩をすぼめた。それは演技だが本人なりの理解も含んでいよう。
 少し考える。ロジハラ噛ますのは可能だが傷つくだけであろう。また、ここで断れば彼女は反感を抱くとともに、自分がオカルト趣味を馬鹿にしつつ吹聴するのではという疑念を持つことになるだろう。
 それは求めていないし、結果として非生産的だ。
 目線を戻して。
「一般に魔法を使う場合、応じた制約や手順、禁止事項があり、それは協力者にも要請されることと考えますが、その辺を教えてもらえますか?」
 ちょっと声のトーンを下げて。すると坂本美咲は少し驚いたように目を見開き。
「え?あ、えっと……」
 四阿テーブルのナップザックの中から、取り出したのは古びた表紙の大ぶりな本。
“魔術の実践”
 分厚く、表紙をはじめ角の部分はボロボロ。貼り合わせがバラけてしまっているところも。
「古本屋で見つけたんだ。昭和13年だって」
 それは、坂本美咲にとって古さをアピールする物言いだったと思われるが、春先まで海外居住だったレムリアに“昭和初期”はピンと来ないようだ。
「見ても?何ページ?」
 レムリアに周辺情報はどうでもよくて、肝心なのは中身。
「ポストイット挟んであるところ。ページ同士貼りついて開かないところの前」
 表紙タイトル下のカタカナ著者名と訳者名。どちらも知らない名前。
 表紙をめくると前書きがあり、“あなたに幸せをもたらすために”著したそう。目次は基本的な心構えや習慣づけの促進が冒頭にあり、以下、タロットやルーン文字を使った占いの解説。金運、恋愛、呪詛。なお、当時の活字ゆえ書体(フォント)が古く、いわゆる“旧仮名遣い”なのだが、レムリアは文脈からおおよその理解が付くので一字一句は気にならない。
 恋愛に付箋がしてある。“友と呼べる者と共に永遠の愛を召喚”。
 思いを寄せる相手方の持ち物、人体組織片ならなお可。匂いを封じた小瓶でも可。出会うことから求めるならば、自分の血と混ぜて月明りを一晩当てた夜露を垂らし、迷いがあるときはルーンの声を聞いて指示に従う。血は冒頭の心構え、習慣づけを半年実践し、浄化された状態でなければならない。
 その習慣づけ。“朝の光より早く目覚めてその光を迎え、夜を無事過ごせた感謝を述べること。屠られたものを口にしないこと。飲み水は大地から沸き出でたもののみを飲むこと。”

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】魔法の恋は恋じゃない -02-

←前へ次へ→

 坂本美咲はぱっと目を見開き、
「じゃぁ彼とは付き合ってないんだ。でも、よく一緒に帰ってるけど?」
 小首を傾げるが目線はきつい。
「何も。あれは諏訪(すわ)君のボディガードだよ。それに、普通にお友達でいる分には何も構わないじゃん」
 諏訪君というのは喘息があって、行き帰り彼女が同行している男子生徒である。そこに平沢も同行している。
「好きなんだ」
 逆に彼女は訊いた。
「え?あ、うん、その、気になってるというか……」
 坂本美咲は急にしおらしい口調に転じ、うつむいて目を伏せた。
 その諏訪君が福島と地縁があるため、原発事故と絡んで言いがかりを付けてきた女子生徒があるのだが、その言動にストップをかけたのが当の平沢である。従前、ひょうきん者でギャグ担当というポジションだった彼の、豹変ともいえる雄々しい態度に「ハッとなった」という。
 以上坂本美咲は背景を語ると、
「姫ちゃんにお願いがあって。その、何でもいいんだけど、彼が触ったものが欲しいんだ。紙、鉛筆、消しゴム……」
「もらって来てもらえないか、ってこと?」
「そう」
「何かおまじない?」
 坂本美咲は目を見開いた。
「何で判るの?」
「ご承知の通り慈善活動で手品をするので……」
 彼女は言いながら、左右の手を交互に開いたり閉じたりした。
 その都度、手のひらから紙に包まれたキャンディがコロコロ。なお、このマジックショーで彼女は“魔女のレムリア”と称している。以下、彼女をレムリアと書く。
「え?え?あ、あ。すごい」
「おひとつどうぞ」
 キャンディを持たせる。
「演出上、魔術の仁義みたいなもの語ったりするわけですよ。恋の魔法で相手の持ち物に秘薬を垂らして、とかよくあるパターン。それでもしかして、と思ったわけ」
 坂本美咲はキャンディをしげしげ眺め、包みを開いて口に含んだ。
 おもむろに視線を彼女レムリアに戻す。
「じゃあ、本気だ、と言っても笑わないで聞いてくれるかな?」
 まっすぐ見つめてくる。レムリアは坂本美咲がいつもひとりでいる理由を理解した。“素っ頓狂”なのだ。オカルト志向で応じて非・論理的であり、突飛な言動に行き着く。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧