小説・魔法少女レムリアシリーズ

【魔法少女レムリアシリーズ】彼の傷跡 -02-

←前へ・次へ→

 彼女は我に返ったように真顔を見せる。そんな所へ押しかけて埃舞い上げるつもりはない。
「まぁまずは自分で考えるから」
「そ、そうだよ頼ってちゃ勉強にならない」
 二人で意見一致と書きたいが、後者平沢の発言には底意がある。彼女はそれを捉えているが、仕方の無いことと理解できている。
「そう?じゃ……いつもありがとう」
 信号の変わるタイミング、諏訪君が頭を下げる。送迎の意図は“途中で何かあった時に即応”するため。
 応じたスキルは彼女が保有。
「いやいやこちらこそ。じゃぁね」
 手を振って分かれる。その一連の仕草を見下ろす平沢。
 要は彼女に好意を持っている。底意というのはこの後二人きりの時間が自動的に訪れること。ただ、悲しいかな彼女には既にフィアンセと呼べる存在がいる。
「行きたかった?」
 彼女は平沢の目を見上げて尋ねた。自信と安定感がもたらす強い瞳。原宿で怪しげなスカウトをあしらうのも最近は慣れた。
「いや、だって呼吸機械とかやるんだろ?汚れた(けがれた)奴が行ったらいけねーよ」
 彼は慌てた風に目を逸らして応じると、逸らしがてらに英語のワークブックを取り出した。復路は彼女が彼に英語の補講。
 再び“通学路でない”小山の脇、遊歩道へ入って行く。彼らが彼らがここを通るのは、喘息持ちの諏訪君は少しでも車道を避けた方がいいだろうとの考えによる。遊歩道の反対側は住宅が並ぶが、いずれも遊歩道に対して高い塀を巡らせており、遊歩道に人目はないのだ。それが“暗くなると危険”の側面を与える。
 行く手にネコ一匹。
 いつもいる茶トラで耳の一部がカットされている。いわゆる“地域ネコ”という奴だ。
 にゃぁ、とひと鳴きして。
 いつもならすり寄ってきて首の後ろを擦り付けてくるのだが、今日はその場でピタリと止まった。
 いつもと違う。
「待って」
「え」
 彼女は平沢の身体の前に腕を伸ばし、進行を制した。
 自分を囲繞していた平沢の好意と目線が、自分の緊張した声によって解除され、同時に自分たちに向けられた四方からの敵意を受け取る。
 待ち伏せである。多分に攻撃的な。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】彼の傷跡 -01-

←レムリアのお話一覧次へ→

 交差点の脇には、造成時に切り崩さず存置された小山がある。その山裾(?)を巡るように遊歩道が配されており、クルマの来ない道として子供連れや犬の散歩、ジョギング等に重宝がられる。ただし、小山を挟んだ反対側の中学校は通学路にしていない。登下校時に生徒が集中すると混雑するのと、日暮れて以降は暗くなって危険だからだ。
 そんな校則を堂々無視するかのように遊歩道から出てくるブレザー制服男女3名。男子生徒の一人は大柄で首が太く、頭髪は丸刈り。運動部に所属と一目で判る。今一人は小柄で幼い顔立ちであり、男の子にしては色白、と書けるか。そして彼女、短髪と言うには少し伸びたか、小柄な男の子と同じくらいの背丈であり、口を不満そうに尖らせて、小柄な男の子の手にある教科書をのぞき込む。
 小柄な男の子……諏訪(すわ)君を家まで送りがてら、彼から数学の不明箇所の解説を受けるのが日課として定着。
「なんでx-2って思いつくわけ?」
 怒った風に聞こえる口調で彼女は訊いた。背後で大柄な男子生徒、平沢(ひらさわ)が自分も、とばかり何度も頷く。同様に数学の“受講者”であり、二人に対しての“用心棒”。
「8がミソなんだよ。2×2×2じゃん。xとyを掛けた部分があるでしょ。そこと公式を見比べると」
 因数分解。パズルを解くようなものだが、因子……パズルのピースを見分けるのが不得手で挫折する子は多い。
 諏訪君は立ち止まり、教科書の例題を指さし説明した。やや細く、そしてやや高い声色であり、背格好に応じて声変わりはまだかと思わせる。
「オレ適当に公式でやってた」
 比べ野太い声の平沢。喉仏が動く。
「公式でいいんだけど、公式と同じ形をしているところまで持ち込まないと……」
「それが判んねぇ」
 平沢が首を左右に振る。
「判んねぇ」
 彼女も真似してふざけて顔を左右に振る。少女マンガのヒロイン向きと書けるか、まっすぐ見つめてくる黒い瞳の持ち主で、表情は豊かで明るい雰囲気を常に有する。オーラのようだと評する級友もいる。
 声をそろえる二人に諏訪君はため息。
「これからウチ来る?」
 肩越しに親指立てて指さす背後、交差点を挟んだ高層住宅。
 そこに諏訪君は叔父夫婦と暮らしている。彼は喘息で通院を要するが、東北地方太平洋沖地震、伴う震災で福島の病院が機能停止となり、疎開がてらここへ転入。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -27・終-

←前へレムリアのお話一覧へ→

「夫は病床にありながら最期まで“いつものお父さん”でいてくれた。でも、それは私を心配させまいとするあの人の愛情で、実際には一人で戦っていたの。私も頑張らなきゃって。で、連絡とる手段がないじゃんって」
 祖母殿は微笑んだ。語尾の“じゃん”は東京・神奈川地域特有の言い回しで、それは応じて祖母殿が“東京の人”になりつつあることを示した。
「あーすっきりした」
 祖母殿は眦に涙の粒を浮かべて、しかし笑顔で言い、彼女と、彼と、父君を順に見やった。
「ばあちゃん笑ったの初めてかも知れない」
 果たして、進少年は呟いた。
 幾つかの“答えと変化”を彼女は得ている。
 いわゆる徘徊との見立ては完全に間違い。
 それから、東京での暮らし方をちゃんと話し合わなかったことも間違い。
「守(まもる)」
「はい」
 父君が呼ばれ、答える。
「何もしなくていいから、ただ家にいろ、ってのは、居たたまれないもんだよ。庭いじりしてもいいか」
 それを聞いた父君はハッと気づいたように目を見開き、続いて温和な表情を浮かべ、しゃがみこんだ。
「そうだな。何もせずボーッとしてろって考えてみりゃひでーよな。庭木と……」
「ゴミ出し、雑巾がけ、窓ふき、風呂掃除……あんでもやるでよ。そこまでロボットはやっちゃくれめぇ」
 そのあたりは“主婦”である母君(嫁)を差し置いて言い出しにくい、という意図もあったようだ。ただ、日本の伝統的な家父長制度、付随する家族関係の習俗を知らない彼女にはピンと来なかったが。
「頼むわ母さん」
「おうよ。それとデイサービス、行くようにするわ。おれが話し相手になってあげられる人もいるかも知れねえからな。時にお嬢ちゃん、姫ちゃんさん」
「はい」
 彼女は膝を向けた。
「あんたさんのマジックショーを見てみたいんだが、どこでやっとるかね」
「今度の日曜はですね……」
 自分を必要としてくれる人がいる幸せ。彼女は微笑んでウェストポーチから手帳を取り出した。

テレパスの敗北/終

→レムリアのお話一覧へ
→創作物語の館トップへ

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -26-

←前へ最終回へ→


「お、姫……相原さん大丈夫か」
「貧血起こしちゃって……」
 だろう、多分。平沢進の自分に対する心からの心配と、その所以と、対する答えを用意できない自分。ごめんね。
「あら?ちゃんと朝ご飯食べてる?」
 祖母殿は優しい表情で彼女を覗き込んだ。
 それは祖母殿が前向きかつ生き生きと動き出していることを彼女に教えた。
「おばあさまにお会いできて、安心して血の気が抜けたようです」
 貧血の故は多分これが正解。緊張の糸が切れた。
「それは本当に申し訳なかったわ。私ったらどうかしてたと思うの。あなたたちにも謝らないとね。申し訳なかったわ……」
 身体を起こせる。
「もう大丈夫です。すみません」
「進と仲良くしていただいてるだけでなく、こんなお手間まで……」
「いえ、それは私が勝手に先走ってかき回してしまっただけの話です」
 しかもその勝手は間違いなく自分の思い込み、思い上がり。
「そういえば先ほどグループホームでって言ってましたね」
「ボランティア活動で、子供たちや高齢の方々の施設にお邪魔することがあります。その際、正直申しますが、突然、家に帰ると立ち上がってしまう方もお見えになるので……」
 彼女は言いながら両の掌を交互に開いたり閉じたりした。
 手のひらを開くたびに小分けパックにされた飴やチョコが出現。
「あらすごい。手品のショーなのね。そしてわたくしも同じように突然出て行ったのではないかと……」
「ええ、失礼な思い込み申し訳ありません」
「いえ構わないわ。至れり尽くせり上げ膳据え膳で“自分で考えて動くこと”がなくなってしまってね。ボーっとしているしかないの。すると本当にボーっとしてくるのね。ああ、これはボケちゃうって思ったわ。でも趣味があるわけでなし、本は全部こっちだしね。それで、これを読んでいたの」
 これ……祖母殿は立ち上がり、座卓の上から1冊の書物を取ってきた。
“日記・定敏 平成九年”
「だんな様の……」
「ええ」
 手渡されるとそれこそサイコメトリが発動した。強い思いのゆえだと判る。後悔、恐怖、諦念、一転して願いと期待……。
 そして6月28日の“ありがとう”という最後の記述。
 彼女は日記を開くことなく、ただゆっくりと表紙の文字を指でなぞり、両手で持って祖母殿へ返した。
 自分が踏み込む領域ではない。

(次回・最終回)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -25-

←前へ次へ→

「身体と、頭を使うこと、これを重視している施設が殆どです。動物なんでもそうですが使わないと退化する。そして一番よくないのはたぶん、何もしなくていい、とか、高齢者だから何もするな、の類」
 彼女はそこまで言って、
 自分の言葉に気づかされる。“高齢者だから”……自分が今回疑ったのは認知症である。それは“高齢者だから”という勝手な思い込みそのものではないのか。
 自己嫌悪。……あれ?
「姫ちゃん!」
「お、おいどうした!」
 気が付くと庭に転落して平沢進に脇を支えられている。
「大丈夫か?急にぶっ倒れたから……」
 しでかした間違いに血の気の引くような感覚が襲った。そうか、それは実際貧血起こしたのか……彼女はゆるゆると思惟を結ぶ。頭の働きが遅い。ごめんの言葉も出てこない。
 すると。
「ここに寝かしたり。座布団丸めて、足を高くしで」
 祖母殿が対応を指示している。彼女は父子に抱えられて縁側に戻され、足元と頭の下の枕代わりに座布団。
「ああ、血が出とる。進、テレビの下に救急箱あるから持ってこ」
「おう」
 男たちがどたばた動く。
「おれのせいで済まんの。だがあんたの言う通りかも知んね。おれ、“ただ、いただけ”だっだがらな」
 ……こちらこそ決めつけてしまって大変失礼しました……言いたいが口が回らない。
 自分が自分に激甚なショックを受けているせいだ、と冷静に分析している自分。
 ショック……それは、勝手に思い込んだと気づいたこと……では、思い込んだその理由は?
 多分、自分なら判る、という勝手な思い上がり。
 額に傷があるらしく、脱脂綿でぽんぽんと叩かれながら涙が出てくる。

-お前、何様のつもりだ!
-姫様だ!

 何を偉そうにふるまっていたのだろう。嫌いだという奴は放置しておけばよい。ただそれは自分の欠点・欠陥を自ら見ないようにすることに同じ。
「あら?痛かった」
 傷に触れたら涙が出て来たことで、祖母殿は自分が傷の痛みでそうなったと思われたようである。
「頭打ったかもしれない」
「ええ?俺ギリで受け止めたぜ!?それはない」
「ありがとう。ごめんなさい……」
 ようやく声が出せた。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -24-

←前へ次へ→

「タクシーだ。親父だろ」
 背の高い進少年が垣根越しを見通して言い、程なくタクシーであろうクルマは走り去った。
 足音が近づき、垣根の向こうに人の姿。
「お、え?」
 縁側の3人は理論上あり得ない組み合わせであり、驚愕しか生まない。
「おばあさまはこちらにお着きになっていました。私は進君のクラスメートで相原姫子と申します」
「ああ、ああ聞いてます。この度は巻き込んでしまったようで本当に申し訳ない。母さんよう、冗談じゃないぜ?どれだけ……」
 彼女は怒気孕む父殿の目を見、手のひらを掲げて制した。
「悪いと思ってるよ……ごめんな……手間ばかりかけてよ。ふと、おれだけこんな便利なところで至れり尽くせりでいいんだろうかと思ってしまってよ」
 手間ばかり。この語に彼女は引っかかった。
 すると進少年。
「ばあちゃん、居づらかったか?」
 祖母殿は目線を外し、少し置いて。
「思っちまうんだよ。おれだけご馳走食べて、便利な生活して。じいさんに申し訳ないなって。お前らにも気を使わせてしまってな」
 炊事・洗濯……昭和的主婦業を祖母殿は全てこなしてきた。それが東京に行って全て上げ膳据え膳。
「進君」
「は、はい」
 彼女に名前で呼ばれてドギマギ敬語。
「普段、お家での家事はどなたが?立ち入ったことを訊くけど」
「かーちゃん」
「おばあさまが参加できるとすれば?」
 すると、人が増えたこともあり、自動食器洗い機、ロボット掃除機を導入したと答えた。後は洗濯だが、物干しは2階。よって、
「ばあちゃんに階段は怖いなって」
「お料理は」
 すると父君。
「妻が本見てカロリーバランスやら考えて作ってますわ……って、母さんすることねぇな。え?ひょっとしてそういうことか?」
 彼女は、祖母殿がうつむいてこちらを見ていないことを確認してから、小さく、父君に頷いて見せた。
「私、グループホームとか顔を出しますが」
 これに祖母殿は顔を上げた。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -23-

←前へ次へ→

 電源を入れるとクラシック音楽。すなわちこの地域の放送周波数に合わせたまま。
「ああ、済まないね……」
 祖母殿はラジオを傍らにコトリと置いた。
「まぁ、お二人ともここへ来ておくれ」
 ラジオを挟んで着座を促される。
「進、ほら」
「お、おう」
 彼を促し、率先して座る。
 祖母殿が口を開く。
「まずは……いきなり飛び出して済まんな。いたたまれなくなってな。ほんでこご来だはいいけど携帯電話があるわけでなし、ここの電話も止めたでね。連絡しようがなくてよ」
「常磐線から来られたとか」
「海へ行げでねっがらな。新幹線じゃダメだ」
 件の原子力発電所は太平洋側にある。当然、避けたくなる。
 うぐいすの鳴き声。
「わぁ、きれいな声。初めて聞いた」
 彼女の感想に祖母殿は微笑んだ。
「おめさん、進が初めで此処(ごご)で春告げ鳥聞いた時と同じだな」
「え?」
「そうなんですか?」
 二人は驚いて祖母殿を見た。春告げ鳥はウグイスの別名。
「ああ、じいさんが庭いじりしてて驚かしちゃなんねがらってハサミ持ったまま固まってよ。人形みだいだって……ああ、これは進じゃねがったか。彰(あきら)か」
 平沢進の父君であると彼女は察した。
 と、突如祖母殿はしょげたようにうつむいた。
「ごめんな。オレばっか進と遊んでよ。挙句に厄介になってまっでよ。じいさんに申し訳なくてよ」
 ラジオに向かって。
「それでここへ……」
「迷惑かけてすまんな。クラスメートちゅうこどは学校抜けて来ただが?しかしめんこい子だなおめさんは」
「人命にかかわる事態かも、という第一報でした。なら、天下御免ですよ……めんこい?」
 地面にたたきつける日本の古いカードゲームの“めんこ”なら知っているが。
「か、かわいい、って意味だよ」
 説明する平沢進の耳まで真っ赤。
「あら。恐れ入ります」
 彼女が応じると、ウグイスが唐突に飛び去った。まるで逃げるように。すなわち。
 程なく、クルマが止まった。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -22-

←前へ次へ→

「扉を開きます」
 エレベータに乗り、着いた。一連の挙動は感覚的にはそれに近い。
 気密が開かれ、にわかに外界の音が入ってくる。鳥と虫の声。
 扉の向こうに姿を現す緑の間の道。
 畑に咲く白い花。トタン屋根の農器具小屋。
 ひょいと飛び降りる。“ドアが閉じて開いた結果”をぽかんと見ている平沢進を促して下ろす。
「見覚えある?」
 一応尋ねる。
「お、おう」
「良かった」
 なら、船は帰してもよかろう。帆船なので帆を広げて滑空できる。イヤホンでピンを送ると、周囲に人目が無いと確認したか、帆船は文字通り忽然と姿を現し、その帆を広げ、翼のように水平になびかせ、丘の上から風に乗って飛び立った。そして風の届かないところで主推進システムに切り替え、超高速で飛び去る。
 その動きを身体動かして見つめる平沢進は声も出ない。
“思い”が届く。しかも、この足下の大地から。
 おばあちゃんは、この里山を遊びまわる進少年を、夫婦で見守りたかった。
 近所にある複数の大きな桜の木を、肩車して見せたかった。
「ばあちゃん家(ち)、行けばいいかな」
「うん」
 坂道を下りて集落へ。果樹(柿だが、欧州育ちの彼女はそれだという知識がない)が枝を広げる平屋建てのお宅。
 垣根の向こう、縁側にその高齢女性は腰を下ろしていた。
「ばあちゃん」
 進少年の声にゆるりと振り向き、次いで目を見開く。
「進かえ?」
「そう。あー見つかってよかった。親父は?こっちへ向かってると思うけど」
「そちらは?」
 彼女のこと。
「相原姫子と申します。進君のクラスメートです」
「ばあちゃん探すの手伝ってもらったんだぜ」
 すると……祖母殿は温和な表情でゆっくり頷いた。
「ちょ……」
 散々探したのに、ということであろう。声を荒げようとする進少年の左手に彼女はそっと触れ、その先を制した。
「差し出がましいことをいたしまして申し訳ありません。人探しにツテがありまして申し出た次第です。こちら……手がかりとして借用したもの。お返しいたします」
 トランジスタラジオ。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -21-

←前へ次へ→

 青い空の下、再度衛星携帯のアンテナを伸ばし、短縮ダイヤルでコール。相手が出た。
「Hi,It's Lemuria.Please pick up me and friend,with use cloaking.」
 あとは待つだけ。1分もかからない。
「あの……」
「暴風が吹くから顔を腕で覆ってください」
 彼女は言いながら、ウェストポーチをごそごそしてワイヤレスイヤホン近似の機械を耳に挿した。
「来ます」
 ほどなく一陣の風が上空より吹き降りて広がり、順次風速が上がって轟轟たる暴風になった。
 園内を歩いていた人々から小さな悲鳴、走り逃げる人も。すいません。
“なにか”が二人の前に舞い降りる。ただその“なにか”は重量と大きさの感覚は有するが、目には見えない。
 風が収まって木の幹に見える部位に、黒い四角い領域が出現した。
 cloaking(クローキング)。いわゆる光学迷彩である。実際には二人の前に空飛ぶ帆船が着陸しており、見えているのは“船がいなければ見えるはず”の光景。
「どうぞ」
 彼女は黒い四角い領域……舷側通路を彼に示した。
「見られたくないので急いで欲しい」
「お、おう」
 持ち前の運動神経を発揮してヒョイと飛び乗る。
 彼女は昇降スロープを出そうとしたが、平沢が腕を伸ばして引っ張り上げてくれた。
「ありがと」
 ウィンクしてみせると彼は見て判るほど頬を赤くし、己の手のひらを見つめた。
「福島県三春町、お願いします。INS使うほどは急いでいません」
 中は白く照明されており、目が慣れてくると、縦に長い6角形断面の空間である。
 スライド式の舷側昇降ドアが閉まり、上昇に伴って下方へ押し付けられるようなG。エレベータでおなじみの感覚だ。
「これ、あの、窓際に浮かんでいた船、だよな」
「そうです。国際救助隊アルゴ・ムーンライト・プロジェクトの所有する飛行帆船です」
 一度、教室の窓際に呼びつけたことがある。ほとんどの生徒はその暴風に逃げ出す姿勢を取って見ていないが、彼は見ていた。
 ちなみに乗せた以上は秘密を前提に多少情報を開示してもいいと思うのだが。
 そんな時間はなさそうだ。
 耳に挿した通信機にピン音。
「間もなく到着します。どこへ?」
「えっと……」
 住所に基づきこの船が下ろせるスペースを検索。
 集落の外れ、アスファルト舗装が途切れたところに小高い緑地あり。
 特にGを感じることもなく、着地に伴う小さな衝撃。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -20-

←前へ次へ→

「そうです。常磐線で太平洋側から入るルートです」
 彼女は平沢の顔を振り仰いだ。
 全ての点が一本の線に繋がった。
「お父様は郡山駅だって確か」
「そう……常磐線に行ったならそりゃ郡山で待ってちゃダメだよ。三春に着いてもまだばちゃんが着いちゃいねぇ」
「先回りしすぎたわけだ。すぐ三春へ戻ってもらって……えーと、ありがとうございました」
「いーえ。君たち三春に行くのかい?」
「はい。あ、いえ、家族が先に行ってますので」
 じゃぁ切符買って行け、となると困るので言を翻して頭を下げ、その場を辞す。“術”が解けた後、彼は何等か守秘義務に違反した等で処罰されるのだろうか。
「(意図したこと形を成さず)」
「姫ちゃんなんて?」
「えーとね、上野公園へ行きます」
「え?三春じゃなく……え、それってひょっとして」
 彼女は頷いた。
 彼は一度、その存在を見たことがある。
「レムリア案件ですから」
 階段上がってコンコースを逆戻り、“公園口”からICカードをピッして出場。その国立博物館や美術館、そして著名な上野動物園のある上野公園へ。

Hi380194_20210824223502
(科学博物館前)
 外へ出てまず平沢進の父殿へ電話。
「タイムラグすごいからトランシーバみたいに語尾どうぞ、ってつけた方がやりやすいよ」
「ありがとう。……あ、父ちゃん進だ。ばあちゃんは上野から常磐線の特急に乗った。郡山には行ってない。すぐ三春へ行ってくれ。どうぞ」
 喋りながら二人は横断歩道を渡って公園内に進み、博物館類のある方向と逆、南側へ進む。著名な西郷隆盛像がある方。
『……警察から連絡来ないが?』
「上野駅で駅員に聞いた。どうぞ」
『……そのどうぞ、って何だ。まぁええが、上野にいるんか。上野?……そうか上野か、よく気付いたな。わがった。とにかく三春へ行くわ。お前は戻れ』
 平沢は困惑して彼女を見た。
「とりあえず『はい』で。んで、電話オフでいいよ」
「はい。どうぞ、あ」
 平沢は言われたままにはいと言って電話を切った。
「軍の無線みたい」
「平和を愛する姫ちゃんとしては不本意だけどレムリアとしては強力な相棒」
 電話を返してもらってニヤッと笑うと、公園の中でも比較的木が少なく開けた場所へ出る。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧