理絵子のスケッチ

【理絵子の夜話】城下 -15-

←前へ・次へ→

 ならば、気狂い石が、回転することで電磁波をぶっ放す……丸く削られた磁鉄鉱の塊、であれば説明が付く。
「気狂い石に落ちてくる水を止めることは出来ないのですか?」
「それは……」
「出来るんですね」
「へぇ」
 が、やりたくない。そのわけは。
「ほでを止めだら余所もんが入って来でまう。それに……」
「それに」
 理絵子の文字通り詰問に男性は観念したようだ。
「墓なんでさ」
「墓……」
 要するに人身御供は薬で眠らせて犬神の郷まで持ち込むが、気が付いてしまったり、要は言うこと聞かない者はそこへ歩かせて“発狂”させて死に追いやった。
「では水を止め、石を止めて下さい。犬神の郷では最早人身御供など必要ありません。そのようにわたくしが取り計らいました。そして彼女を返して下さい」
「へぇ……」
 不承不承、の意思表示であろう、男性は口をへの字にして、しかし承諾した。
「ほだが(ところで)、おなごはどうすだ?……その、おでらがそうやっとってあれだが、明日まで起ぎねで」
 そんなヒマはない。理絵子は示唆を受ける。
 出ろ。早急にここから出ろ。
 自分たちの役目は終わった。
「当麻。出番だ。知持ってけ」
 果たして理絵子は振り返りもせず彼に命じた。
「え?あ、おう」
「急げ。彼女に気付かれたら逆に良くない気がする」
 当麻がバタバタ上がり込む。ただ示唆の言うには急ぐ理由は彼女にあらず。むしろそれを口実にしろと言う。
 さて当麻は彼女を“お姫様抱っこ”しようとしたのであるが。肩と腰に腕を通してどっこいしょ。しかし。
「……えーと」
「40キロのニョタイをマンガのように抱っこできるわけねーだろ。フォークリフトが何で2トンもあるか考えてみな」
 理絵子は腕組みして指摘した。
 男衆におんぶ紐を用意してもらう。彼女の身体をゴロゴロ転がして手足を通し、彼に負ぶわせて前ヒモを締める。
「せーの」
 前から腕を引っ張りの、背後から押し上げの。
 彼はフラフラと立ち上がり、しかし程なくスイッチ入ったように雄々しく赤土を踏みしめた。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -14-

←前へ次へ→

 犬神の郷にかかわる自分たちの関わりが、隠れ里の間で伝説化しているのは承知したが。
 祟りと来たか。
 どちらにせよ強権が使えるのは都合が良い。
「先にここに落ちた娘に会わせて下さい」
「へ、へい」
 果たして本堂奥手に畳が一枚敷かれ、仰臥させられ布団をかぶせてある。失神状態だが外傷はない。不適切な扱いを受けた痕跡もない。女性による対応が一枚噛んでいると感じる。ただ、ノートや携帯電話、測定器類は見当たらない。
「眠らせたのですか」
「へぇ」
「持ち物は」
「その……」
「祟りを与えたりしません。正直に言って下さい」
「気狂い石のところへ」
 きぐるいいし。今日び文字に起こすのも憚られるそれは、水流に打たれて高速回転する黒い石であった。
「どこに?」
「この村の果てでさ……いや、近づいたらいけん、“あーあーになってぼん”になってしまう」
 神妙になって答える男性の想起したイメージを解釈すると。
「生き物が近づくと行動がおかしくなってしまいに身体が破裂すると?」
「そうだす……わでらには何が何だがさっぱり」
「んだば、娘ゴのけったいな板から同じようなビリビリがあったから、怖くなって捨てただ」
 けったいな板、は知の携帯端末であろう。ビリビリ?
「これですか?」
 理絵子は自身の端末を取り出した。
「ああ~、それじゃそれじゃ。ああ理絵子様おねげぇだ、それをわでらに近づけんでくれまし。ビリビリする。祟らないでくだせぇ……」
「電磁波過敏症」
「なるほど」
 登与の物言いに理絵子は膝を打った。
「旦那衆。その気狂い石も近づくとビリビリを感じますか?」
「そりゃもう。ドタマがガーガーしてくるくる回るだ」
 人間の脳は生体コンピュータに他ならない。すなわち神経細胞間で電気信号をやりとりしている。従ってそこに外部から電流を流すと脳の活動に干渉できる。病気の治療に使われる他、最近では夢を読み取ったり、逆に意図的に夢を見させる研究も行われている。いわゆる霊能力も電磁波に対して鋭敏な状態に過ぎないと説明する向きもある。
 例えば神社や古代祭祀遺構は断層上に並んでいるのが知られている。これは、断層付近は岩同士の摩擦で生じる電磁波が強まる地帯だからだ、という説もある。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -13-

←前へ次へ→

 その“娘”の供給源こそは、ここに迷い込んだ若い女で、強制的な婚姻を拒否した者。
 ここの存在意義は尊重するが、そぐわないしきたりは断ち切らねばならぬ。
 自分たちはそのために遣わされたのだ。理絵子の認識。
「一緒に来なさい。置いて行かれたら二度と帰れないと思いなさい」
 当麻に命ずる。
「は、はい」
 しゃちほこばった男の子である。少女の肩口に大蛇が鎌首もたげ……まぁ、不気味さと恐怖しか与えまい。
 霊能者疑惑とかどうでもいい。ここから4人で帰るのだ。
 男性を追う。ついて行くのは罠かも知れぬ。ただ、蛇背負ってる自分に手出しはしまい。
 登与と二人で当麻を挟んで歩く。彼より心配なのは彼女だ。
 長坂知はどこでどんな状態にあるのか。
 緩い坂を下りて平地の部分を行く。四角四面に整地されており、見上げると透明な洗面器を裏から見ているよう。
「裏多摩湖(うらたまこ)の底だよここ」
「大地底国じゃん」
 その湖は水深の割に水面の色が深く色濃く、何か“裏”があるのでは、という言い伝えから名付けられた、と聞いた。
 日差しが入って水は充分。農作業には困らない。
「タンパク質は?」
 理絵子は肩口を指さした。ヘビがシャーッと擬音を付したくなるように口を開けて威嚇する。
「あんた食うってんじゃないよ。あんたが出入りできるってことはそこそこに動物入るでしょってこと。ここで何か食ってる?」
 更に田んぼにはカエルの声が聞こえ、田んぼ沿いの流れには小魚の姿も見える。
「外へ出る理由も意味も無いか」
「ここでさぁ」
 男性は集落の中心であろう、大きく普請された寺とおぼしき建物に3人を案内した。
「おお、田悟さ(たごさく、の略らしい)……あんだ、連れてきちま……へ、蛇神様かえ?」
 寺の本堂、であろう、その建物の中から出てきた白髪の男性が目を見開いた。
 示唆、犬神の郷で呼ばれた名を言うと時代劇の印籠状態。
 すなわち無敵スキル。
「わたくしは畢星(ひつのほし)の理絵子と申します。私どもの仲間が迷い込んで恐らくはけがをしてお世話になっているかと」
 果たして案内してきた男性、その白髪の男性、更には本堂にいた男女がまるでほじくられた巣のアリのごとくワラワラと出てきた。
「理絵子様だと」
「道理で犬神をご存じのはずだ」
「蛇神様とご一緒だ。天罰じゃ。祟る。祟る、控えよ」
 理絵子は登与と顔を見合わせた。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -12-

←前へ次へ→

「東南海地震か」
 登与が呟いた。1944年12月7日。戦争末期の出来事で辻褄は合う。南海トラフの一種で、震源の遠い関東において顕著な被害があったと聞かぬが、多摩地域では旧震度階級で6だった地域もあったという。
 軍は結局多摩地区の地下に大本営を移設する計画を中止した。
 それ以後も、ずっとここで。
「ここにお住まいの皆さんは外へ出ることはないのですか?」
 理絵子は訊いた。400年以上、外界とコミュニケーションを絶つとか不可能と思うが。ただまぁ、彼らに電子工学ベースの21世紀社会に生きているという認識はないようだ。
 一方で、閉鎖空間だと生物学的にハプスブルク家のような問題が生じると思うが。
「食って行ける。一族皆息災だ。どこかへ行く必要があるらかね?」
「なるほど」
 ここで理絵子は背筋が寒くなる認識を受け取る。
“お前ら帰さないぞ”
 すなわち。
“新しい血脈となれ”
 とはいえ。
「それで、私どもがここへお邪魔した理由ですが、その、私どもと同じようなズロッとした格好の娘ゴを迎えに来たのですが」
 すると男性の表情がにわかに厳しくなった。
「帰る道はないし、帰さんぞ。蛇神様の施しであらっしゃるからな」
「……それさっきの蛇!」
 当麻が声を上げるが。
「お黙り!」
 娘二人は同時に声を荒げてしまった。
 驚き、そして悲しそうな当麻の顔。
「君の出る幕じゃない」
 理絵子は強く制した。当麻は目を見開き、おびえたように小さく震え、頷いた。
「よろしい。さて旦那さん、その蛇神様は私と共にあるのですが」
「なんと?」
 しゃがんで腕を下ろすとひやりとした重たいものがその腕へ登ってくる。
「蛇神様が……これはこれは……」
「そしてここは犬神の里とも繋がっていますね。出していただけないというならそちらから帰るのみです。さぁどうされますか?一緒に来た女の子を返していただけますか」
「犬神様とも……」
 男性は振り上げたクワを諦めたように下ろした。
「従いますだ。こちらでさぁ」
 男性はへりくだった態度を見せ、手を下に“どうぞこちらに”の構えを見せ、歩き出した。
 その犬神云々は縁あって理絵子は登与と訪れている。隣県の山奥に電気も通らぬ隠れ里があり、犬神の里と呼ばれている、人身御供のしきたりが残っていた。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -11-

←前へ次へ→

「おー、今日は多いなあ」
 年配の男性で歯が抜けてる感じの発音。
「さっきの娘ゴの知り合いかえ?」
 理絵子は登与と顔を見合わせた。なら、話は早い。
「ええ、はい。滝から落ちたようで。迎えに参りました。ご迷惑をおかけしております」
 応じると、その草本の盛り上がりの向こうから農機具のクワを背にした男性が現れた。頭ははげ上がり……否否、ちょんまげ。首には手ぬぐい。適切な表現か判らぬが“昔話のお百姓さん”というのが理絵子の率直なイメージ。
 男性は近づいてきた。かなり小柄。
「こらまたべっぴんなおなごだ!」
 理絵子と登与を交互に眺め、目に見えて頬を赤くする。
「恐れ入ります」
 これに対して。
「あんだおめえは」
 男性の表情がにわかに厳しくなり、クワを構えて戦闘態勢。
 二人の背後の当麻のこと。
「羽柴(はしば)のモンかおんどりゃ」(訳:羽柴の手先かお前は)
 男性の発言にべっぴん二人は目を見合わせた。
「ダンナさん失礼ですが北条殿(ほうじょうどの)の……」
「いかにも。城は無くても息災じゃ。誰にも渡さんぞ」
 疑念を会話で聞き出すのが面倒くさい。理絵子はテレパシーを使った。あまり褒められた使い方ではないが。
 戦国時代、関ヶ原の前。
 豊臣方の総攻撃に遭って全滅皆殺しにされたと伝わっているが、実際は城内から井戸穴を通じて降りたところここへ繋がっており、城内のかなりの数が難を逃れた。血で川の水が赤く染まったと言われているが、実際にはここの赤土を流し、噂を広めた。
 以降400年以上、ここで地下の生活。
 地下でも光が入ってくるのは。
 理絵子は透視を試みる。ここはドーム球場が幾つも入るサイズの超巨大石英ノジュールで、内部が空洞になったもの。表面をタマゴの殻のように覆う石英・水晶を通して光は柔らかく入ってくる。所々の“穴”は幾度かの関東大地震で崩れて出来たもの。
 登与と共有。彼女の目が見開かれる。
「当麻君は、悪いけど状況が明らかになるまでちょっと静かにしててね」
 これは登与。
「70年前にかなりの数の人間が調査に入り込んだと思いますが。その時のことは伝わっていますか?」
 理絵子は訊いた。この空間が見つかった話を知らぬ。
「それなら、ちょうど大きななゐ(地震)があってな、彼奴等の掘ってきた穴は天井が崩れて皆埋まったと聞いている」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -10-

←前へ次へ→

 とはいえ階段自体はかなり急である。理絵子は公園にあった滑り台を逆に上って階段から降りてきて遊んだことを思い出した。そのくらいの“急”だ。
 足が地に着いた。
 見上げるとプールの底から空を見ているよう。明らかに“そこ”と“ここ”で温度を含む空気の組成が違う。長坂の持ってきた機械で何かしら測れないか。
「なんだ、すぐ終わりじゃん」
 見下ろした当麻が飛び降りた。
 そして、3人揃ったところで、滝を背にする形で向きを変えると。
「これは……」
 理絵子が思い出したのは、SFに出てくるスペースコロニー。
 驚くなと言う方がムリであろう。簡単にはサッカースタジアムが幾つも並べられそうな大空間を有する洞窟であり、所々穴が開いて上層と繋がっているようで、陽光が導入されて“深い森の中”程度の明るさが確保されている。
 自分の街の至近にこんな構造体があるなどどこの書物でも見たことはない。ただ。
「これって……」
「帝国陸軍多摩地下大本営」
 理絵子は、自分がいちばん納得できる見解を口にした。
 描写すべき内容が多い。足下は赤土、光の入る部分には“残された鎮守の森”を想起させる草木の生えた盛り上がり。この空間では半日村どころではなく、光は貴重。植物を育て古代太陽神のようにお祀りする……あり得るだろう。
 足下より流れ出る泉を利用する水路が作られ流れる音が聞こえる。すなわちこの空間は集落として活用され、水路を追うと明るい部分を中心に田畑にされてあり、規則正しく植わった緑色が見える。そして驚くべきか、所々に小さな池が出来ているが、これはどうやら導入された陽光を反射する“水鏡”として使っているようで、応じてあまねく光が届いているようだ。畑の周囲には木造平屋の家屋がぽつぽつ並ぶ。その造作は昔話のあばら屋のようで、応じて電気やガスなどの現代インフラの存在は見えない。この中でいにしえのシステムで完結する村落と確信させる。
 アオダイショウがしきりに首を地面に伸ばし、どうやら降りたがっているようなので腕を下ろすと足下にするり。ニョロニョロ動いて水に身体をつける。行水か。
 逃げない。付き従うという意思があるようなのでそのままにしておく。
「ダイホンエイ?」
 当麻が疑問形。
「太平洋戦争当時、軍の本部、大本営を東京郊外に移転しよう、それは地下に作ろうという計画があって、実際トンネルを掘った。でも、急に放棄されて、戦後も何の調査も入らず、そのうち場所すらも不明になった。甲州街道ってこの周辺だけアスファルトじゃなくてコンクリートでしょう。あれは滑走路として使えるようにと設計された結果」
「あ、それ聞いたことある。でもウソというか誰かが小説のネタに書いたのが広まったって聞いたけど……」
 登与も与り知らぬことのようだ。
 人の気配。

つづく

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -09-

←前へ次へ→

「うわっ!」
 彼は驚いて尻餅をついた……のだが、それが視界と視点の変化をもたらし、“滝”の見え方を変えたと二人は気付いた。
「上から見ると深そうに見えたけど斜めから見るとそうでもないな。ってか、寒い」
 理絵子と登与は顔を見合わせた。二人の身長は150センチ台前半。
 目の位置と角度で見え方が変わる、なにがしか、“だまし絵”的な地形、岩等の配置になっているのだろうか。
「でも、飛び降りるには高すぎる……どうやって降りたんだろう知……」
 問題は降りる方法。長坂は自分たちより運動神経がある方だと思うが、パニック状態で木の根を伝って降りるという冷静な判断が出来たのだろうか……。
「これ、階段だよね」
 と、しゃがみ込んだ登与が指さす。しかし理絵子には見えていない。
 二人で違うなら霊的なものではない。理絵子は同様にしゃがんでみた。
 当麻の言った“寒い”の意味を知る。しゃがむと氷穴のような冷たい空気にさーっと包まれる。
 かくしてその冷たい空気の中に身を沈めると、崖状に見えた部分は、勾配こそ急ながら、明らかに人造とおぼしき階段がしつらえられ、踏み板代わりの石が敷いてある。
「これは……」
 二人は顔を見合わせ、立ち上がった。ある高さまで視点が上がると階段は途端に平面状の板の重なりに見える。それは湯船で水面直下の指が短く見える現象を思い出させた。あるいはグラスに挿したストローが飲み物と空気の境目で折れ曲がって見える。
「屈折?」
 立ったり座ったりしてみると、階段が見えたり見なくなったり。
 温度の違う空気のせいか。自分たちの腰の高さに存在する光学的境界線。
「なるほど」
「そういう見立てで良さそうだね。上下混ざるとハッキリしなくなるし。酸素が薄いとかないよね」
 命の危機があれば超感覚がそうと囁く。
 立ったり座ったり、あげくにニヤニヤ笑う二人に当麻が当惑。
「あの……」
「まぁ、私らに付いてきな」
 彼は寝そべらないとその現象は生じないだろう。説明するのも面倒くさいので二人はそのまま階段を降り始めた。
「黒野、お前消えてくぞ!」
「来れば判るよ、おいで」
 まるで幼い弟である。二人が“消えた”せいか心細くなったようで、遅れて足が伸びてきた。
「え?足が付く」
「だから大丈夫だって」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -08-

←前へ次へ→

 当麻は近づいてこようとし、眉間に皺を寄せ、足を止めた。ヘラヘラした男であるが蛇は苦手らしい。防空識別圏のようなモノを設定したと判じる。
「懐かれてしまってね。置いておくと後から来た人が驚くだろうし。んで?知ちゃん見失ったと」
「え?あ、うん」
 当麻はしょげた。格好いいとこ見せたかったのだろうが真逆。
「下は?」
 滝の下。上にいなければ下を探すのが道理だろう。
「見た限りでは見つからないんだ」
「見えないだけかも知れないじゃん」
「どうやって降りるんだよ」
「へ?」
「え!?」
 理絵子はそこで彼我に認識の違いがあると理解した。自分にははみ出た木の根をロープ代わりに降りて行ける程度のところに、滝から落ちた後の川の流れが見えている。
〈彼にはそうじゃないよ〉
 登与からテレパシー。
 華厳の滝とまでは言わぬが飛び降りたら死ぬ程度の高さに見えているよう。
 違いをもたらしている因子は。
「お前か」
 理絵子は蛇を見た。
「登与ちゃん連れてってもいいか」
 舌をペロペロ。……示唆。その気があり勇気があるなら私に触れよ。
 それは“お告げ”なのだが、自分が言ってもいいものか。
〈ああ、私が。霊能者ですから〉
 登与は当麻に向かってビシッとばかりに指さしした。
「な……」
「真面目に聞くかどうかは君次第だ。蛇神様からお告げを頂戴している。君が彼女を思うなら我が身に触れて勇気を示せ。ならば再び並び歩く日が来る」
 感情を殺した声で上意下達。巫女の託宣。バッチリ決まったと理絵子は思った。最も、彼が同行するがするまいが自分たちで行くだけなのだが。少なくも彼がここで逃げ帰ればこの二人の未来は無い。因果律。
「マジか……」
 逡巡。ただ、考える時間を与えるほどヒマでは無い。
「んじゃ私ら行くから」
「わかった。わかったよ。触ればいいんだろ」
 果たして防空識別圏を越えて伸びてきた指先にヘビの尻尾を差し出すと、
 指先でチョイ。
「冷たっ!」
 氷にでも触れたように指を引いた途端、ヘビは鎌首をもたげ、口を開いて威嚇。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -07-

←前へ次へ→

 追いかけて走り出す。ハイキングコースは橋を渡るが、その先が暗がりだったのが避ける心理を呼んだか、橋の手前を右に向かってしまう。
 そこは道ではない。
「おい知!知ってば!」
 追いかける声も足音も、木立に吸い込まれるように消えて行く。
「あらまぁ」
 残された二人は同時に同じことを言った。
 とりあえずキョトンとして見えるトラブルの“張本人”、黒緑に輝くアオダイショウを見やる。
「君のせいだぞ」
 舌をペロペロ。ヘビを忌避する向きは多いが、トカゲと顔立ちは同様である上、アオダイショウはどちらかというと臆病な類い。ただ、大型の生き物であることも手伝い、知性の光をその目に宿す。
 そして、この蛇は、古来ヘビに託されたとされる伝承と同様、偶然落ちてきたわけではない。
 “神の遣い”だ。
「腕に巻き付きなさい。日が暮れる」
 理絵子は2メートルはあろうかという堂々たる大蛇の胴体を持ち上げると特に抵抗しない。
「重いよあんた」
 マフラーよろしく首に掛け、左腕に首、右側に尻尾。
「アスクレピオスみたい」
 “へびつかい座”星座絵に描かれる医学の神。応じてWHO(世界保健機関)の紋章は蛇がモチーフ。
「私おとめ座だし。で?どっち?御遣いさん」

「とりあえずそっちでしょ」
 言わずもがな走り去った二人の方向。
「道案内してよ。あー黄色いの出しちゃダメ!あたし怖い?」
 アオダイショウは恐怖を感じると特有の臭気を有する黄色っぽい体液を分泌する。

Desb1y8u8aaiysg_20231027230501

(アオダイショウの幼蛇。赤丸内が分泌液)

「マーキングかも」
「所有物って?恐怖マンガだね」
 さて橋を逸れて続く川沿いの道に見える構造物は、自然堤防と書いた方が適切か、適度に泥濘んでおり、彼らのものとおぼしき足跡がハッキリ確認できる。
 が、100メートルほど進んだところでざぁざぁと水の流れる音が聞こえ始め、程なく小規模な滝に出くわして足跡は途切れた。
 目に見えぬ門で閉ざされたかのようなそこに、途方に暮れたような背中があり、彼女らを振り向く。
「ああ、黒野……何それさっきの蛇じゃんよ!」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -06-

←前へ次へ→

 親子を追い抜かし、九十九折りを上ること4往復くらい。
 視界が開け、麓の木立の向こうに、多摩地域、更に都心のビル群が霞んで見える。なるほど見通しがきくのは城の立地に適すであろう。
 ここに分かれ道。標識があって、そのまま山頂へ向かうか、城の周回コースに入るか。
 超感覚は何の反応も示さない。
「記録、磁針アプリ、方位磁針共に正常。午前9時15分」
「はい」
 当麻がノートに記入する。
 小型のカメラ三脚を取り出し、地面に据え、カメラ設置台(雲台)が半球形で自由に動くのを利用し、油滴式の水平器を載せ、水平を取って方位磁石を載せる。
 針をスマホで写す。
「記録終わり」
「では、出発」
 山頂に行く人の数を100とすれば城址を目指す人は5人位。
 木立に覆われて日陰になる。前にも後にも人影はなし。それは往事、城の姿を都合良く隠したであろうと判断される。
「急に寂しい感じ」
 長坂が呟くが超感覚は何も言って寄越さない。程なくコンクリート舗装が途切れ、沢を渡る木橋から先、広がって歩くような道幅ではない。
 先頭より長坂、当麻、高千穂、しんがりが理絵子。
 人の声が無くなったせいか、砂利と落ち葉を食む靴の音が妙に大きく響く。
 立て看板。コースの案内。城址をぐるり回る歩道と、天守閣跡へ上がって行く階段の位置。下の方に城の経緯。北条氏が武田氏が。
 そして怪談の所以、殲滅戦を目指して女子供も皆殺し。付近の水場が数日血に染まった。
「エグいな」
 当麻の感想。
「というのを、遊び半分に扱っているのが当の肝試し連中ってこと」
 長坂がコメントした直後、風がさーっと吹き渡り、周囲に人影が無いこともあって、“何か”を意識させる事態になったのだが。
「単なる偶然」
「はいはい行きますよ」
 理絵子と高千穂が促したその時、どさっと上から落ちてきたロープ。
 否。
「へびっ!」
「!!」
 当麻が指さし叫び、長坂が悲鳴を上げ、そのまま猛ダッシュ。
「ちょ、お……」
 当麻が腕を伸ばすが、バネで弾かれたように走り出した長坂は数メートル先。
「知!」

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧