理絵子のスケッチ

【理絵子の夜話】サイキックアクション -18-

←前へ・次へ→

騙されるか、彼は一瞬そう思ったようである。が、神性を備えた異国の娘に抱きしめられて彼は一介の“男”に戻った。
 “憑きもの”が剥がれる。
〈主(あるじ)よ、ここは我が……〉
 声と共に、理絵子の身の中から現れて貫く漆黒の長剣一閃。
 魔剣クリュサオールであった。黒い人型のようなものが中空で串刺しにされている。
〈美砂殿。我が力援用されよ。汝にしか能わぬ〉
 それは、美砂だけが、条件が整った時のみ、可能な力の発露を示した。
 瞬間移動テレポーテーション。但し彼女のそれは所要の目的地に送るものではない。
 時空を越えたいずこかへ投擲する。
 さらば……クリュサオールの感情と共に、パン!という、風船が割れたような破裂音がした。
 腕の中が脱力する。等身大の人形のように、にわかに筋骨が力を失い、グニャグニャになり、どころか皮膚が裂けどろどろとした内容物があふれ出し液化して広がり。
 骨と、“人体の70%は水分”を彷彿させる汚穢な染みの広がった姿に変わった。
 獅子王と、魔剣の意識が追跡できない。
「ゾンビだね」
 美砂が一言。理絵子は思わず我と我が身を見回した。それの残滓が付着してはいないだろうか……気にするなと言う方がムリ。
「整理していいでしょうか」
 登与が言った。

・地球在来種の魔族でもなく、外来のそれでもなく、人類が発達してくる中で獲得した魔性
・宗教や正義の名の下に精神肉体両面から攻撃をしてくる。ターゲットは“日本”

「国家国民?」
「恐らく。人類が獲得した魔性にとって、“和をもって貴しと成す”日本の在り方は気に入らない。征服者というスタンスが得られなくなるし、付随する人間としてのあらゆる快楽を欲しいままにする権力も存在しない」

(次回・最終回)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -17-

←前へ次へ→

「違う。こいつは……」
 その生涯を殆ど戦乱の中で過ごし、追って獅子王と呼ばれた男であった。
 むろん英雄である、いわゆる“十字軍”を派遣した側では。
 そこで登与がロザリオを示してみせる。我々は敵対する者ではない。しかし、
〈偽なり異邦人〉
 その反応は彼女らの外見“人種”に起因する情動とすぐに判った。
 アングロサクソンキリスト教徒にあらざれば人にあらず。
 キリスト教原理主義と結びついた人種差別。
「霊をしてなお肌の色を価値と見る哀れで笑止なる者よ、去ね(いね)」
 登与はロザリオを突きつけるようにし、言った。
 対する返事はウォー・クライ。すなわち戦士が挑みかかるときに放つ咆哮。
 獅子王と称された男の手に剣が“沸いた”。
 何か途方も無い力がその剣には宿っている。それは誤謬を誤魔化すための信念を十重二十重にまとった、

 いわば、呪詛の集合体。

 剣が登与へ向け振り下ろされる。だが、彼女は微動だにしなかった。
 ガラスが割れるに似た、あるいは鍛冶の槌が振り下ろされるに似た、鋭い金属音。擬音でガチンとでも書くか。
「邪なる者破れたり」
 それは元々、オカルト雑誌の裏表紙に載っていた“魔力を備えたロザリオ”を買った物と彼女に聞いた。
 それこそ邪な存在であるはずだが、今ここに、3800円のクロームメッキの十字は淡い金色に輝き、邪悪な霊剣を受け止めているのであった。
 果たして驚愕か、獅子王は動作を止めた。
 理絵子に示唆が下る。その刹那に自分のなすべきことは一つ。
 素手で剣をなぎ払う。横から叩けば傷も付かない。勇者の大剣は吹っ飛ばされてガシャンガシャンと二転三転。
 油断というか、意表を突かれたのであろう。小柄な東洋の娘に必殺技を無効化され、縋る術なし。
 次は何をされるのか……そんな目で怯えるような獅子王を、
 理絵子は抱きしめる。
 意図して意表を突くために。
「敵対と戦闘に生きた貴殿を慰謝する者が無いなどあってはならぬこと」
 自分を超能力者と知らぬでも、巫女属性の持ち主だと言うクラスメートは多い。
 その属性こそは、今ここで発揮されるべき。
「愛し愛されることすら政略とされた貴殿の生涯に永久の安らぎを」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -16-

←前へ次へ→

 念動を駆使したと知る。“煙”が全て凍り付く。
 次いで雨となって降り注ぐ。
「どうやら、あらゆる物事に挑戦が仕込まれるようだね」
 美砂は言った。意識と目線を感じる。闇の中から自分たちを見ている。
 味方もある。
〈そばにいますぜ〉
 とは件の巨大クモである。
「来る」
 気づいた瞬間後ろに刀抱えた男がいる。以下、実際には刹那の認識であるが、そこで判ったことを細かく書くとこう。まず、男は戦国時代に近隣の山城で戦死した武士の地縛であり、敵方血縁者に取り憑かずにおけない。
 その戦は凄絶な殲滅戦で、城に残ったのは女子供ばかりであったが、皆殺しにされたという。
 応じた仕返しを女子供に。
 以上判った瞬間には“女子供”である彼女らに対し、侍の刀が振り下ろされるところであった。
 対する理絵子の反応は。
 真剣白刃取り。
 侍が驚愕で凝固した刹那、美砂が後を受け継ぐ。刀は見えざる力でぐにゃりとなり、反動で侍がよろけ、理絵子が手を離した瞬間に赤熱して溶解する。
 遠方より“槍”が飛来。
 否、フッと中空で姿を消す。次に現れるまでやはり一瞬であったが、その間にこれから起こる出来事を彼女らは察知した。
 登与がロザリオ片手に口走る魔法のフレーズ。
 そして日に向かってかざした手のひらに槍の先端が弾かれて甲高い音を立てる。こちらは弥生時代の縄張り争いであるらしい。
 そんな者が今後も次々沸くのか?
 否、一時的に“そういうもの”を遮蔽しておくシールドが外れただけ。
 なら、直せば良い。ただ、自分たちが維持する次元の存在ではない。
「キリが無い」
 理絵子は印契を切った。のうまくさまんだばさらだんかん。後は超常の皆様に委ねます。
 爆風の如き物が彼女らを中心に生じて吹き広がる。結界が生成され、封印が成された。
「終わった?おうち帰れる?」
 これは美砂の弁。勿論、そうは簡単に問屋は卸さないというニュアンスを含む。
〈何か来ますぜ〉
 クモが言い、巨体を具象化させ、彼女らの傍らに参じた。
「……アレクサンダー」
「まさか」
 それが正なら、アルヴィトが破れたことを示唆するが。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -15-

←前へ次へ→

「理絵子!」
 アルヴィトが剣を抜き呼ぶ。
「はい!」
「私はこの者に永遠の戦いを挑む。その間に時空の継承を閉じよ。されど我が髪は我が分身としてそなたらに力を与える」
 それは3つの指示と結論を示していた。すなわち相容れぬ価値観は距離を取るより無いのであり、
 アルヴィトはアレクサンダーを異世界へ連れて行こうとしているのであり。
 再びこの戦女と会うことは無い。
「はい!」
 理絵子は応えた。その3つが示すもの“自立せよ”。
「小気味よい。汝らには太陽と月と大地が味方する。以後この“大王”に感化された者が挑んでくるかも知れぬが排除できる。否、排除せよ。征服せんと欲する者を万物を持って排除せよ!」
「お元気で!」
 理絵子はそう応じた。肉の身持たぬ存在に“元気”もへったくれも無いのだが。
「お前もな」
 戦女は大剣構えて強気に笑んで見せ、その剣でアレクサンダーに襲いかかった。
 永遠に戦いを挑み続ければ、アレクサンダーが人間世界、この世に出てくるヒマは無い。
 結果として人間世界に超常の戦いは現出しない。

 示唆一つ。実は聖書に言うハルマゲドンは、遠い過去から永遠の未来まで続くそうした戦いなのではないか。「そのとき、天で戦いが起こった」とは黙示録の一節である。それは永遠の過去の一点であり、天使たちは今もずっと戦っている。

 だから、巨大な超能力で地球生命が脅かされる可能性は低い。
 ただ、そういう“思念”自体は渦巻いていて、人がネガティブな意識を持つと、容易に共振し、通じて“悪意持つ超能力者”は発現しうる。

 自分たちに超能力が備わっているように。それは言わずもがな、自分たちも“戦い続ける”責務を負う。

 錫杖を振るい印契を描き、真言を口にして封印をなす。
「……ドシャコ」
“学校”はにわかに全面がガラスのそれと化し、次いで耳をつんざく音を立てて崩壊を始めた。ガラスの割れるあの音が空間引き裂いて広がり、応じてキラキラとしたガラスの破砕片が煙のように舞い上がる。
 それはそれで危険なのではないか。
 美砂が手のひらを広げた。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -14-

←前へ次へ→

 魔、である。但し、悪魔のような伝承の存在ではない。
 人間に由来する。人類ホモサピエンスが10万とも20万年とも言われる地球での生存で自ら獲得した“根源情動の人格化”。
 理絵子は、権限を背負って、指さし、命じた。
「名乗れ、征服王」
「我が名はイスカンダール」
 声とともに地震が起きようとする。が、天地の力がそれを制する。
 娘たちは情報を共有する。その者は人間の時の名を“アレキサンダー”と言った。世界史に著名な大王アレキサンダーである。言語間の伝承変化で文字が入れ替わりAliskandarと書かれ、更にアラブ表記の文法からiskandarとなった。現代に使われる人名・都市名であり、著名な映画等でも町の名、星の名として使われる。
 英雄。
「だけど、裏返せば破壊と殺戮の体現者」
 理絵子の知識を美砂がひっくり返した。
 史実は肯定的な書き方であり、彼の名の付いたゲームキャラクタでも戦闘能力は高い。だが、現代に通じる覇権主義の原点という見方も出来る。
 欧米の価値観の原点。それは中南米文化からの黄金の簒奪であり、奴隷商売であり、アヘン戦争、そして今も人種差別に色濃く残る。
 アレクサンダーではなくアラブの伝承名イスカンダールを名乗った理由。
「従うか、死か」
「問うに能わず。去ね(いね)、アレクサンダー」
 理絵子のゼロ回答にアレクサンダーは大地引き裂けと念じたようである。従わぬなら“生きるための場所”を破壊しようとしたようだ。しかしこちらの側には文字通りの“後光”が輝く。
 大地へ掛かる力を大地が拒否する。
 すると……アレクサンダーは、天文学的事象を惹起させようとしたようである。
 だが、天を司る存在がそれを抑える。
 所詮出自は“人”に過ぎぬ。
 そこへ。
 蹄の音高らかに天馬が現れ、長剣携えた金髪が翻る。
 戦女アルヴィト。
「待たせた」
 彼女らに微笑んで見せたその手には。
 椰子の実サイズのスズメバチの巣。
 人としてのアレクサンダーは蜂に刺された後に昏倒して世を去っている。
 果たしてアルヴィトは蜂の巣を放り上げ、二つに切り分ける。
 蜂が雲のように広がってアレクサンダーに襲いかかる。
 それは彼の“トラウマ”形象化と彼女らは気づいた。
 アレクサンダーの意識ベクトルが自分たちの指向を離れる。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -13-

←前へ次へ→

 それは3人共通の疑問であると同時に、その者への問いかけであった。多く覇権主義・独裁者は魔性になぞらえられる。だがその目指すところ極めると国や組織が滅ぶ。
 自分だけいい目を見たい?そんな子供じみた情動?
 その時。
 意思だけ来たが会話形で記す。
〈逆に問う。汝らは何故生きる〉
〈古風な……〉
〈簡単だよ〉
 登与のツッコミを美砂が遮った。
〈生まれたから。生き物として生まれたからには生き物として、人間として、らしく生き、そして死ぬだけ〉
〈霊能として生まれた故は〉
〈ひとつ、死を恐れるなかれという証として。もうひとつ、心があるべき様であるように、心で直接知ることが出来るように。その点で、私たちは、選ばれた者だと自覚している〉
〈好きように出来ようが〉
 悪いことし放題だろ?
〈しない。希有なる力だからこそ、それを本当に必要としている心のために用いる。そのために生まれたと私たちは信じる〉
 美砂がそこまで言い、理絵子は継ぎ足した。
〈だから私たちは、あなたに何をされても従わないし、そして絶対に負けない〉
〈身も心も滅せよ〉
 それは肉体生命の殲滅のみならず、霊体としての滅亡も意図した。
 魂を消すことが出来るのか……
 “存在意義”を失わせることは出来る。すなわち、生きていても、意思だけあっても意味が無い。
 ……壊滅。
 どうやって。
 天啓を得る。地球生命の根源。
 大日如来真言。
「オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニ ハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン」
 手指組み合わせて印契を切る。
 大日如来……日本人は古来、天照大神との親和性を見いだした。その絶対的最高位は富士山信仰とも深い。
 すなわち“やまとの国”の天地(あめつち)の化身である。通じて浮かび上がった魔性なるものの正体。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -12-

←前へ次へ→

 音がするような早さで眼前に落ちて現れる黒い毛むくじゃら。
 大蜘蛛であった。蛭に噛みつき、消化液を吐き付ける。
 “彼女”は霊界に住まう生物であった。
 蛭へのダメージは、その根源のありかを彼女たちに教えた。
 本橋美砂が腕を振り上げ。
 手の甲を地面に叩き付けるように振り下ろす。
 ほぼ、爆破と言って良かった。
 校舎一棟が風船のように破裂する。
 鉄骨とモルタル、夥しいガラスが一気に粉微塵と化し、360度飛び散る。
 遅れてドンと音がし、それら鉄骨やモルタル、ガラスが他の校舎に突き刺さり、割れ砕ける音がバリバリと広がり、応じて土煙がわき上がって広がる。
 土煙の中から現れる伽藍。宗教的中枢であることを示した。
 判りやすい。
「校舎はハリボテだよ。レセプションホールというか、この団体の迎賓館みたいな扱いにして実質誰も入れないようにしていた」
「罠」
「でしょ。分かり易すぎる。ただ、こいつらここから出てこないから、結局こっちから行くしかない。情報を収集して命令を下す。実際動くのは自分じゃ無い誰か。悪の基本だよ」
 本橋美砂は言い、再度、腕を伽藍へ向けて叩き付けるようにした。
 強大な精神動力を受け止めた者がいた。
「……何か悪霊憑き飼ってるね」
 弘法大師空海、役行者の小角、安倍晴明……強大な精神動力を駆使したと言われる人物は幾人か存在する。そのダークサイドが現代に現れた。
“拒絶と歓迎”を3人は同時に感じた。それが自分たちの肉体的属性……女性(えげつなくは少女であること)に起因していると知る。
「私らとせっくすがしたい。子供をもうけたい」
「侵略の足がかりとなる依り代が欲しいって?ご冗談を汚らわしい」
 どんと音がして大地の震え。
「地震……念動の」
 まさか、と3人は思ったが、確からしいと判じてさすがに若干震える。弘法大師空海は山を動かしたという。なれば、
 念動力で大地震を起こす……地域一帯が“人質”。
「どこにいる?」
「形は無いね。だから、自分が宿る胎児が欲しい」
「霊でおれば自在だろうに」
「肉体って強力なフィルタなんだよ。心に言うことを聞かせたい。霊の状態だと底意が見抜かれる。肉体の心は視聴覚でアクセスするしかない。意のままにしようと念動を打ち込むと死んでしまう」
「心操って何がしたい?」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -11-

←前へ次へ→

2

 理絵子の住む市は大学が多い。
 誘致したからだが、20からを数えると都心へ向かう電車と同様、朝は“ラッシュアワー”が見られるレベル。
 そうした大学群で最も大きなキャンパス面積を有するものが北部郊外、川沿いに存在する。
「これって……」
「そうだよ」
「仏教系じゃ……」
“政教分離”に抵触せぬよう故意に宗教団体の申請を行わず、政党を形成して政権与党の一翼を伺う。
 対して彼女らを巻き込んだ者たちはキリスト教の隠れ蓑をまとっていたが。
「真逆だからそうと判らない」
 単純な理屈であった。ちなみに3人は中空から見下ろしているが、1カ所だけ密教の流儀による結界がセットされている。
「あからさまな罠だけど」
「そこにいるという証でもあるのでしょう。私たちに対する挑戦、ホームグラウンドで受けたい。当然の帰結」
「この辺ってなんかスピリチュアルな言われあったっけ」
「多摩の摩の字は麻の意とも……あるいは魔物の魔とも」
「オン・マユラ・キランデイ・ソワカ」
 示唆があり理絵子は唱えた。孔雀明王真言。“毒”を食うからだろうか。空間がぐにゃりと揺らいだように見え、地面に出来た半球状結界がブラックホールのイメージ図のように可視化され、次に同心円状の波が周囲に生じてブラックホールへぎゅうぎゅうと迫り、締め上げる。
 風船割れるように結界が消滅……否。
「結界が……再生した」
「というか、何か、常にわき上がっていて、外見上、結界の体をなすことで霊的な監視を免れている」
「私らには見つけさせたくせに他の霊能者に見られると困るんだ」
「負けたらみっともないからでしょ」
 本橋美砂のその言は挑発そのものであって、果たして相手も応じて動いた。
 空間から突如“舌”がニュッと出現した。
 否。
「蛭」
 霊的で猥褻である。三人は“肉体”を持っている自分たちが不利であると気づかされた。すなわち、霊であれば考えなくて良い“傷つく物”を有している。比して相手は実体が無いくせに力学的な干渉を可能とする。
 自分たちは肉体を守り、なおかつ、相手の力の源泉をどうにかしなくちゃならない。
 一旦消えたい。欲しい力はテレポーテーション。
〈わたくしでは?〉

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -10-

←前へ次へ→

-我が選択は理絵子なり

 果たして魔剣クリュサオールは答えた。

-刃(やいば)有せぬ我が身は汝の剣身一部に能わず。されど理絵子に魔の動き伝える用はなすこと叶う。

「よかろう」
 果たしてアルヴィトは同意し、その剣を鞘に収め、唇の端に笑みを浮かべた。
「用あれば呼ばわれ。加勢する」
「ありがとうございます」
 アルヴィトは言い、元の簡素な衣を羽織った姿に戻り、馬上の人と化した。
 一鞭当てて異空間へ消える。この後理絵子が取ろうとしている行動を知った故。
〈クリュサオール〉
〈おそばに〉
〈導け。汝を我に差し向けた者の潜む場へ〉
〈恐れ多くも申し上げる。あの者は……〉
〈可否は私と仲間で決める。導け〉
〈……承った〉
「そばへ」
 やりとりを聞いた美砂が手招き。
 そこへ飛ぼうというのである。空中浮揚。彼女らは一カ所に固まった。
「感づかれて……」
「いない。私たちの思念を感じ取れていないはず。超能力ですべて分かると思っているから。私たちが消えたと思っているから」
「消した?」
「この子が毒を出してる。その毒に染まって届くから見分けがつかない」
 理絵子は柄だけのクリュサオールを握り直した。
「“デーモンコア”だな」
 美砂が言った。それはアメリカの研究所にあったプルトニウムの塊。一瞬でも取り扱いを誤ると核反応を起こして放射線を周囲にまき散らす。研究者が二人死んでいる。同様な心理的毒素の塊で、常人が相手にすれば気が狂う……そんな“魔物体”だと言うわけだ。
「私たちは明確に攻撃の意思を持ってるしね。それも毒の一部だし」
「行こうか」
 美砂が手を広げ、一行はすっと宙に舞い上がる。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション -09-

←前へ次へ→

 同等に巨人化した戦女アルヴィトの姿がそこに雄々しくあった。
 アルヴィトは、着衣をはぎ取った。
 黄金の裸身。流麗な曲線で構成され、ふくよかで輝くような乳房。黄金比を持って構成された腰回りの脂肪のたわみ。
 男の目線であれば、そのまま、性器を見ようとしたであろう。
 だから。
 その目が陰部に向いた瞬間、本橋美砂がPKを使った。
 魔ゼウスの“心臓”に深々と突き立つ、クリュサオールの剣。
 魔ゼウスは、自分で、自分の心臓を刺した形。
 理絵子は知る。霊体とて意思を紡ぐなにがしかの“無ではない領域”であり、応じて、無への還元も生じうる。
 それはプラスとマイナスの衝突。すなわち中和。
〈クリュサオールはプラスへ転じた〉
 自分の言動によって。つまり、如来の天啓は理に叶っていた。
 でも待って。それってクリュサオールと魔ゼウスが対消滅……。
 肉の耳に聞こえぬ絶叫であった。
 安らかな死ではなく“滅亡”への断末魔であった。
 魔ゼウスがバラバラと拡散してゆく。無数の粒子に分かれるように見え、ガス体への昇華のようにも見えた。
 魔と、ここと、彼我の空間を隔てるためのエネルギに消費されると判じた。
 アルヴィトが、腕を伸ばした。
 クリュサオールの“柄”。
 魔が閉じられる。
 周囲は、闇の中ろうそくで照らされた部屋のようであった。
 アルヴィトの裸身がろうそくのように輝いてそう見えているのであった。彼女は人間のサイズに戻ってそこにあった。
「理絵子。“魔”だぞ。良いのか」
 柄だけのクリュサオール。根元にわずかに残った黒い刀身。
「我が懐刀にいたしたく。ならば我が身は貴殿威光の残照あらたかにて魔物ら逃げ出すが故」
「おもしろい。魔をおびき寄せる道具とするのか」
「ええ、元は忌み嫌われた故の魔への転身。彼が私で良いというのであれば」
「よろしい。クリュサオール、選択せよ。我とともにヴァルハラへ向かい、我が刀身にて更なる光と化すか、闇として理絵子の裡(うち)にあり、魔をだます手先となるか」
 アルヴィトは自らの剣を抜いて立て、その金色の光を煌めかせて見せた。
 理絵子は知った。アルヴィトの聖剣はそうした“浄化された魂”が集まって刀の形態をなしている。
 心は心でしか動かせない。応じて心だけで出来た剣なのだ。だから魔であれど“切れ味”を有する。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧