理絵子のスケッチ

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -008-

←前へ・次へ→

 昭和の産物と理絵子は断じた。木造モルタル。部屋は1階・2階とも4室ずつ。間取り1K単身者世帯向けの賃貸アパートだ。
 ブロック塀で囲われた中に入り、階段脇にしつらえられた集合ポストを覗く。
 ステンレスの無地なのだろうが、薄汚れて光沢が失せてしまっている。何もなし。内部の汚れからして新聞の類いも取っていないようだ。
 鉄板階段をコンコンと上がって行く。廊下に蛍光灯があるにはあるようだが、球切れして久しいようだ。
「電気切れてますね」
 理絵子は言った。話題が欲しい。
「2部屋しか人いないからね。点けるだけ勿体ないからって」
 あきらめたように担任は言う。
 これは良くないと理絵子は思った。雰囲気が陰々滅々なら担任も陰々滅々なのだ。こういう後ろ向き、縮こまるような気持ちは、ココロから元気を奪う。
 2階に上がる。
 担任がスカートのポケットに手を入れ、カギを探す。風が渡り、少し反った玄関ドアがガタガタと音を立てる。残照も赤みは失われ、わずかにブルー。河川敷の木がシルエットで揺れ、遠く雲取(くもとり)山系の山並みが寒々しい。
「お待たせ」
 担任はドアを開けた。
 油ぎれしてます、という感じのギィという音。
 理絵子は、ギョッとした。
 暗いのだ。まるでブラックホールの入り口を垣間見た。そんな感じ。
 そして、そういう雰囲気を与える原因を理絵子は知っている。
 だから。
「先生は、いつも、ここに入る時、ためらいませんか?」
 理絵子は訊いた。
「え?」
 担任が驚いているのが判る。肯定の意であることは明白。
 どんよりと沈滞した室内に向かい、理絵子は視力を切り替える。
 それは網膜で捉えて脳で結像する生物的な視力ではない。
 心で直接見る能力。
 ESP。超常感覚的知覚。
 理絵子は息を呑む。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -007-

←前へ次へ→

「……今度から気をつけて下さい」
 係員はIDを戻し、IC定期をデータ処理装置に通し、担任に戻した。
 困惑の表情で立ち止まる担任。クラスの鉄道ヲタク少年に言わせると、確率は低いが、強い電波の飛び込みなどで、機械トラブルが生じる可能性もあるという。しかしこの場に置いては、理絵子は何も言わず、担任の腕を取り引き寄せた。
 引っかかるのだ。自殺騒ぎと言い、このトラブルと言い、タイミングが良すぎる。
 係員に文句付けたら、それはそれで新たなトラブルを招くような気がするのだ。
 そんなの、担任を怖がらせるだけ。
「行きましょう」
 促し、駅前の交差点を渡り、川の方向へ歩く。
 都内とはいえ都市化が進んだ23区内ではない。川沿いということもあるが、駅前から100メートルも進めば、空き地があり草が生え、秋の宵口ということもあって、虫たちがビービー鳴き始めている。
 堤防下の細い道。人がすれ違うのがやっと。歩行者専用のようである。
 そこは舗装もされ、街灯もあるにはある。だが、ぽつん、ぽつん、と立っているようで、間隔が開きすぎというか、街灯がある割に暗く感じる。右側は堤防が視界を圧し、左側は空き地と家がぽつぽつと。
 暗すぎる。わずかに夕暮れオレンジが残る空を舞うコウモリ。
 振り返れば駅前が煌々と明るいが、離れた隣町を見ているような隔絶された感じがここにはある。
 ここを一人で歩いているのか。
 一人で歩き、一人で帰るのか。
 寂しいよ先生。理絵子は思う。ずっと独身だと聞いてはいた。しかしこれでは幾ら何でも寂しい。
 背後の鉄橋を渡る電車の音。
 コツコツと響く、担任の履くヒールの音。
 光も音も極端に少ない。
 風が渡り、堤防の中、河川敷で大きく育った木がざわめく。すると、そこがねぐらなのだろう。驚いた鳥がギャァギャァ声を出してバサバサ舞う。
「そこ」
 担任は指差した。
「え?」
 理絵子は最初判らなかった。
 明と暗の造形を反転し、ようやくそこにシルエットで浮かび上がる2階建てのアパートを発見する。普通、人家は漏れる灯火で縁取られ、それと判るものだが、ここはアパートの形に背後の残照を遮るので、ようやくそれと判る。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -006-

←前へ次へ→

 再び砂利の上を走る音が近づき、車掌が列車の後方へと戻って行く。
 プアン、と電車が軽く警笛を鳴らした。
 放送機器をいじるノイズ。
『安全が確認されました。発車します』
 電車が動き出す。スローで暫く走り、目覚めたように加速する。
『お待たせしました。電車は2分ほど停車致しました。次は……』
 何事もなかったかのように電車は走る。一つ、二つと駅を過ぎるに従い、担任の身体からこわばりが取れて行く。
 1分遅れとかで下車駅。
 ホームに降り立つ。川沿いの高架駅であり、1本ホームを挟む形で両側に上下線の電車が止まる構造。だが、その1本だけのホームを秋風がびょうびょうと吹き抜けるという様が、秋特有というか、やがて訪れる冬をも思わせる寂しげな気配。
 少し胴震いが出る。理絵子はあわててカバンからカーディガンを出して羽織った。夏冬の制服の切り替えは10月中に各自の判断でというアバウトな形だが、日中は夏で朝夕は冬でというのが実際のところであろうか。
 待ってくれた担任に頭を下げて改札へ抜ける階段を下りる。通路を折れ、一旦担任から離れ、改札にカードをかざす。
 ピピッ。通過。
 しかし。
「……!」
 チャイムが鳴り響き、隣改札で担任がフラッパゲートに行く手を塞がれる。続いていた人の波が文句言いたげな顔で担任を見、別の通路へ回る。
 担任は再度改札にICカードの定期をかざしたが、やはり拒否された。
 理絵子は有人改札に行く旨担任に示した。
 係員に定期を渡す。係員はパソコンに繋がれた機械に定期を通し。
「入場記録がありません。どちらから?」
 明らかに不正を疑っている目。
「あのう、私と一緒なんですが」
 理絵子は口出しした。
「あんた、娘さんかい?」
「いえ、この方のクラスの生徒です」
「証明するものは?」
 理絵子は中学の学生証を出し、担任にも身分証明を出す旨促した。
 係員が2枚のIDを見比べる。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -005-

←前へ次へ→

 理絵子は担任の家まで付き合うことにした。
 怯え縮こまったその姿は、とても“先生”という感じではなかった。他愛ないものに恐怖する幼子を思わせた。見ちゃいられない。それが正直なところ。
 とはいえ学校近くで待ち合わせは人の目が有って憶測を生むため、駅までどうにか来てもらって落ち合う。傍目には親子のように見えるだろうが、心理状態はほぼ逆転状態と言って良い。
 ICカードを改札機にかざしてホームへ降りる。塾はワヤになってしまうかも知れないが仕方あるまい。“とり殺される”という顔つきをしているのを放ってはおけない。このままでは、誰かに呼び止められただけで気絶する勢い。
 ちょうど到着のオレンジストライプを巻いた銀色電車に乗り込み、東京方面へ向けスタートする。担任の家は隣の市にあり、川沿いの駅が下車駅。乗車10分強という距離。夕刻の東京方向であり、加えて途中で特別快速に抜かれる列車。車内は空席もチラホラ。
 発車して加速する。その直後であった。
 電車が長々と警笛を鳴らし、床下から空気の吐出するプシャーッという音が聞こえた。
 急減速に身体が倒れる。
『急ブレーキです。何かにおつかまり下さい』
 車掌の放送があり、がくん、と電車が止まった。電車が前のめりになり、反動で後ろに揺り戻し。そっちの方の衝撃で人々がバランスを崩し、数名が倒れた。少々の悲鳴と悪態。
『ただいま線路上を人が横断したため急停車しました。安全を確認します。そのままでお待ち下さい。なお、お怪我をされたお客様がいらっしゃいましたら、車内のボタンで乗務員までご連絡下さい』
 放送があり、程なくして、線路の砂利上を人が走って行く音。車掌であろう。
「またかよ」
 誰かが呟いた。
「ここ自殺の名所なんだろ?」
 びくり、と担任が身体を震わせる。
“自殺”というフレーズに敏感に反応したのだ。確かにこの駅を出てすぐのカーブは自殺の名所だ。ゆえに踏切を陸橋に変えて防止を図ったが、線路際から柵を乗り越えて線路内に立ち入り、が、まだあるという。電車からは見通しの悪いカーブで、線路脇には竹藪があって人通りも少ない。“見つかりにくい”からコトに及ぶわけで橋だの柵だの物理的な問題ではないと思うが。

つづく

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -004-

←前へ次へ→

 理絵子は首無し写真を自分のカバンに収めた。
「え?でも…」
「私のは、訊かれたら、後ろの照明が入って変になった、とでも言っておけばよろしいかと……訊く人がいれば、ですが」
「そ、そう?」
 担任は言うと、おどおどしながら、分けた写真の普通の方に手を伸ばした。
 怖がりすぎている。理絵子は思った。この場合、普通なら怖がるのは自分の方だ。
 だから気にするなのつもりで言ったのだが、逆に心霊写真と断定して恐怖を深めたか。
“黒野さんが言うなら本物なのか”。
「先生大丈夫ですか?カメラのメモリも消しましょう」
 と、デジタルカメラに再び手を伸ばすと、会話を邪魔するようにムッとする風が室内に吹き込む。写真が飛ばされ、カーテンがめくれ上がり、棚の上の空の花瓶がそこから倒れ落ちようとする。
「あっ!」
 担任が声を出す。理絵子は棚の下へ自分の学生カバンを投げた。
 数瞬早くカバンが花瓶を受け止める。
「いやっ!」
 担任は悲鳴を上げ、胎児のように両腕を胸元に引き寄せ、ガタガタと震える。
 尋常じゃない。理絵子は担任の肩を両腕で掴んだ。
「大丈夫ですよ。風が吹いただけ、大丈夫です」
 次いで担任の頬を手のひらで包み、小さく微笑んでみせる。伝わる鼓動の激しさが、彼女の抱いた恐怖の大きさを物語る。
「大丈夫」
 理絵子はもう一度言った。鼓動が徐々に落ちついて行く。
 廊下を走ってくる音。
「どうしました!?大丈夫ですか?」
 ドアの向こうから、激しくノックする音と共に聞こえてくる声は教頭。
「突風で資料が飛んだだけです。大丈夫です」
 理絵子は答えた。
「……ん、そうか、判った」
 理絵子は教頭が去るのを確認すると、腕の中の担任に目を戻した。
 その顔は涙でボロボロであり、化粧が落ちてしまっている。
 何かあるのだ。理絵子は確信した。
「ひょっとして、この手の写真が撮れることに何か心当たりが?」
 担任は、頷いた。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -003-

←前へ次へ→

 心霊写真ということか。デジタルカメラになって絶滅したと言われていたが。
「あなたがそういうものを信じるかどうか…」
 理絵子は写真を全て引っ張り出してテーブルに並べた。
 担任は公園に出向いてバラを撮るのが好きといい、応じてデジタルカメラを所持している。今回担任はステージを36枚撮影し、うち8枚に自分が写っているが、ことごとく首がない。
「カメラはこれなんだけど……メモリカードもそのままです」
「見ても?」
「ええ」
 カメラを起動し、プレビュー用の液晶画面で画像を繰って行く。市内の公園に咲いてる蔓バラ、千葉県は“京成バラ園”の花たち、そして。
 フィルムカメラの時代ならフィルムに傷を付けたり故意に感光させたりして、“何か”を加えたりすることは可能であったろう。比して純粋な電子回路であるデジタルカメラで、首から上だけクローキング(光学迷彩)を掛けたようにすっぽり消え去り、その向こうの緞帳が写っているのはどう説明すれば良いのか。とりあえず口を突いて出た言葉は。
「見事に、ですね」
 理絵子は言った。意図したわけではないが少し軽めの口調で。小笑いでも付ければマンガの一コマ。
 まぁ、呪怨なのだろうというのが自分の中の結論である。担任の抱く感情と深刻さは理解した。しかし、そこで担任を怖がらせてしまっては自分の中ではアウト。
「……なのかしら。やっぱり」
 と、担任。
「断定は出来ませんが可能性はあると思います。デンキカイロですから光の加減だの何だのと理由付けする方がかえって不自然」
 理絵子は首なしと普通の写真を分けた。自分が霊能者と噂されている事は知っている。担任の言う“物知り”はその辺の噂に応じた婉曲表現であろう。対しては、『文芸部のネタとして一通り調べて知っているだけで、ありませんそんなもん』ということになっているので、使える言葉としてはこうなる。
「普通に撮れている方はみんなに見せて良いと思います。これは不気味なので知り合いのお寺さんへ持って行かせてください」

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -002-

←前へ次へ→

 教頭に使用許可をもらいに行くとかで、理絵子は廊下で少し待たされる。夏以降伸ばしている黒髪には夏服セーラーのスカーフに合わせた青いりぼん。1年生であろう、幼い顔立ちの詰め襟少年が二人、行き過ぎてから自分を振り返ってチラチラ見つつ、ひそひそ話しているのが判る(見えてないつもりかい少年)。理絵子とすれ違う男子生徒で、彼女に目を向けない男子生徒はまずいない。飾り気は無いが、しかしどこか“品”とか“貴”といった言葉を想起させる彼女は、思春期にある男子たちを自動的に振り向かせる、と書けるか。
「ごめんなさいね」
 担任がカギをちゃらちゃら言わせて戻ってくる。
 開き戸の鍵穴に差し込んで回転し、引き戸のドアをカラカラ開く。値付けの鈴があちこちぶつかってちりんちりん。中は黒革張りの長いすが向かい合わせに配置され、大ぶりのテーブルを挟んでいる。色あせ古びた応接セット、と書けば手っ取り早い。夕日がもろに入っており、室内は真っ赤。
 10月初旬であり、西陽にあぶられていた室内はかなり暑いと書いた方が適切で、応接セットはこの先も使われる回数の割に劣化が進行して行くであろうと言える。担任は率先して自ら窓のカギをかちゃんと回して開く。
 外からの音が入るが、部活動が終わった直後で、校庭は静か。呼び合う友達同士の声が幾つか。
 担任は廊下のドアを閉めて施錠し、更に職員室へ通ずるドアにも内側からカギをかけると、抱えていた書類をテーブルの上に下ろした。
 その書類に問題がある。理絵子は直感した。
「黒野さん……あのね」
 ためらいがちな担任。
「今からあなたに見せるものを、あなたは信じないかも知れない。でもあなたに大いに関係があることだし、あなた物知りだからひょっとして、とも思って、あなたに相談します」
 担任は言い、書類束の中から写真屋の袋を取り出した。
「これは文化祭の時に撮ったものなんだけど」
「あ、はい」
 理絵子は頷いて写真を袋から出した。
 今回、理絵子のクラス2年4組は“面倒くさい”それだけの理由で、クラスとしての出し物を合唱にした。その時、担任が体育館のステージ下から撮りまくった写真だ。できあがってきたのだ。
 取り出した映像に理絵子はギョッとした。
 首がない。
 しかも自分のものだけ。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】空き教室の理由 -001-

←理絵子の夜話一覧次へ→

プロローグ

“怪談”を持つ学校は少なくないようだ。
しかも歴史の長い学校ほど、確実と言って良いほど怪談を持っている。
ただ、詳しく調べると、悲しい事件を元に尾ひれが付いただけだったり、誰かの作り話が伝説化しただけだったりと、虚構であることが殆どである。
要は遊びの一種である。それゆえ、修学旅行や合宿で夜話のネタになるだけで、何か起こることはない。生徒間で少しずつ内容が変わりながら伝わって行き、毎年、一人二人教員に尋ねる。教員はその問いにまたかと微笑ましく答える、というパターンが多い。
普通は。

 文化祭が終わってより3日。
 金曜の午後、学級委員を集めての“文化祭反省会”から出てきた理絵子を、担任が呼び止めた。
「黒野さん、ちょっと」
 大事そうに両腕で書類を抱え、困惑の表情、頼る表情。
 この50代の女性教諭は、理絵子の母親よりも年上である。いかにも経験豊富という風で、ゆえあってかクラスでトラブルが生じることはまずない。その担任のこの表情。
 よほどのことに違いない。
「はい?」
「ちょっと、時間もらえないかしら」
「今ですか?」
 担任が頷く。全校下校が5時半であるが、それに合わせて反省会はお開きになっている。
 夕映えに赤く染まる困った表情。
「塾か何かあるの?」
 その質問は普通なら『用事があるならいいのよ』とでもなるはずであろう。すなわち、よほどのことがない限り理絵子に聞いてもらいたい、という意思の表れ。
 塾は7時から。
「いいですよ」
 理絵子は答えた。
「じゃぁ……」
 担任が歩き出し、階段を1フロア下りて2階。
 職員室横“生徒相談室”。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -19・終-

←前へ理絵子の夜話一覧へ→

「面倒が無くていい」
「今のうちに」
 おんぶ紐をほどき、長坂知を横たえ、3人で力を合わせて取り除ける岩などどけると。
 壁。明らかに人工の。
「コンクリ?」
「みたいだね」
 触るとジメジメして柔らかい感じ。試しに石でガツンと殴ると容易に削れた。
「“アルカトラズからの脱出”って映画を思い出したよ」
 登与が言った。著名な脱獄映画で、劣化して粘土のようになったコンクリートを少しずつ削って穴を掘る。
 それだ。理絵子は回答を見いだしたと直感した。
「当麻。このコンクリは劣化してる。力任せにぶち破れ」
「判った!」
 石器人よろしく岩で殴り、削って薄くなり、ヒビが入ったところを蹴る。
 穴が開き、目を射る外光。
 刹那あり、隧道内から転げ出た岩塊が路面に落ちる。多湿な空間にあったせいか脆くなっていたようで、跳ねるのではなく潰れてしまい、砂を思わせる鈍く響きの少ない音がした。が、その音の伝搬の仕方から大きな空間に繋がったと判じる。
 蹴り広げてスマートホンのライトで照らす。道路トンネルの中に出たと考えれば合点が行く。穴開いた位置は、トンネル路面上からは胸の高さくらいであろうか。先に当麻に降りてもらい、長坂知をどうやって下ろそうかと思案している途中で彼女は目を覚ました。スマホ内蔵の歩数計と方角から、相次ぐ土砂災害で遂に遺棄された旧街道のトンネル内と判断する。
「旧街道の入口って埋まってるんじゃ?」
「キノコ栽培に使ってたはず」
 4人は、一匹を伴い、全身赤土にまみれつつ生還した。

「行基道の再発見と甌穴(おうけつ)中の球形磁鉄鉱石回転による電磁波発振現象」

 この探検行は地元郷土史研究家の目にとまり、市内レベルではあるが論文書いて発表するに至るおおごとに発展した。
「……このように、超能力という言葉を軽々に持ち出すことは避けるべきではありますが、いわゆる霊感が電磁波過敏症を意味するものであれば、この回転する磁鉄鉱で生成された電磁波に導かれて霊的な道場として開発が行われ、山頂寺院に伝わる行基による開山の背景までも同時に説明することが出来るほか、戦国時代に悲惨な殲滅戦が行われたとされながら多くの子女が逃げ延びたと考えられること、赤く染まったのは血ではなく、その際関東ロームの赤土を大量に流し込んだと考えれば説明できるなど、仮説や噂の類いに論拠を与えます。残念ながら姿を見せたのはわずかで、今般の地震により再び土中に没しましたが、幸いにもトンネル内に場所を比定出来ていますので、今後の本格的な調査発掘に後を託したいと思います。ありがとうございました」

城下・終

→理絵子の夜話一覧
→トップへ戻る

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】城下 -18-

←前へ次へ→

「知!」
「知ちゃん!」
 彼女らの所作は“キャッチャーフライを捕らえに行ったキャッチャー”と書けば最も近い。要は滑り込みながら当麻の背中が地面に落ちないようにした。
 が、理絵子の背中のヘビが一瞬早い。その長い身を駆使して長坂知の頭にターバンの如くクルクルと巻き付き、地面への激突から保護。
 ただ、「動物の肉体が地面に衝突する音」は発生した。
「くっさあああい!」(臭い)
 絶叫を上げたのは長坂知である。時系列的には当麻が転倒し、しかし長坂知は彼の背中で蛇が巻き付いていたので頭を打つなどは回避。ただしヘビの方が身体に掛かったストレスの反動で“臭腺”から臭い物質を放出。これが気付け薬のように作用して長坂知が意識を回復。
 可能な範囲で手足を動かしているのであろう。礫や小石がガラガラこぼれる音が暗闇に聞こえる。
「え、ちょ、なに、動けない。暗い。どうなってるの?」
「落ち着け知」
 これは当麻。彼は背中の長坂知に自分の体重を掛けるまいとしてどうにかうつ伏せになっている。
「どうやって!」
 長坂は金切り声に近い。暗闇で束縛されていればパニックにもなろうというもの。
「知ちゃん落ち着いて。私たちは閉じ込められました」
 あ、しまった。“見えて”いるのは自分だけだ。
「黒野さんまで!」
「状況を説明します。あなたが蛇にびっくりして迷い込んだのは、築城当時からの道のうち、荒廃して忘れられた道の一つです。その中にここが修験道の道場として行基菩薩によって開かれたものに繋がっていて、私たちはそこであなたを見つけ、当麻君があなたを負ぶって戻る途中、地震に遭遇して土砂崩れに遭って生き埋めになりました」
 理絵子は説明しながら悲惨な物言いになっていることに気付いた。
 が、本当に悲惨なことになるという予感はない。いわゆる予知能力は持たないが因果律に従うものは判る。
 背後で動くもの。アオダイショウ。
 背後の積み上がった岩やがれきの間をその身を駆使して登って行く。すなわちこの向こうに到達できる空間がある。
 パラパラと小石が崩れ、彼、が隙間に身をねじ込ませようとしているのが判る。つまり、
 このがれきの山は崩せる。
「当麻、知ちゃん下ろして手伝って」
 理絵子はスマホ内蔵のLEDランプを点した。
 ヘビが影絵の要領で岩の崖に大写し。
「……!」
 大蛇の影に長坂知は再び失神。

次回・最終回

| | コメント (0)

より以前の記事一覧