理絵子のスケッチ

【理絵子の夜話】サイキックアクション -06-

←前へ・次へ→

 それは理絵子にギリシャ神話の一場面を思い出させた。見ただけで石に変える魔女メデューサの退治である。
 同様に黒い顔が雄叫びを発し、その首が剣を打ち込まれた反動で仰向けの角度で動いて切断され、上の方へ弾け飛んに、泡のように変質して消え。
 そして、噴水の如く噴き出した“血”が何かに変わった。
〈大量のサソリになるんじゃ……〉
 と、登与。対し理絵子が得た示唆。
〈クリュサオール〉
 メデューサの血から生まれたとされる物……天馬ペガサス、サソリなど毒生物、そして姿と形の伝承無き怪物、クリュサオール。それは黄金の剣を持つという。
 果たしてそこにはケンタウロスを思わせる半人半馬の怪物があった。その手には金色の剣があった。
 対し、馬の蹄。
 戦女アルヴィトである。人間世界に白馬を伴い具象化した。
〈汝ら、我が髪に命与えよ〉
 それは以前、“お守り”としてもらった彼女の黄金髪の毛ひと束。理絵子は1本ずつ友と家族に持たせている。
 自分も一本常に持っている。りぼんに織り込んでいるが、そのりぼんを手にしたら白い煙のような剣に変じた。
 “意のままに”動く剣だと示唆が来た。登与のそれはフェンシングの剣を思わせ、本橋美砂は水晶の両剣だ。すなわち柄の前後双方に水晶で出来た刃が伸びている。
 クリュサオールが変化する。半人半馬の人の部分がサソリに変わり、その10本の手足は剣の態様。
 数で勝負か。
 アルヴィトが馬上から剣を振るう。切っ先が複数のナイフに分裂し、クリュサオールの手足剣先に拮抗する。
 すると……クリュサオールはそれ自身1本の大剣と化した。
〈魔剣か〉
 アルヴィトの呟き。魂宿した生きた剣……神話・SFでままある設定。
 そこに立ちはだかったのは本橋美砂である。念動を発揮し、両剣プロペラのように回して“面”の盾を形成。クリスタル・イージスという概念を受信。
 これは悪意の権化だ……クリュサオールの正体について、そんな示唆が来た。かつて一戦交えた死神とまた別物だ。目的は魂を屈服させること、恐怖と敗北をもたらせ。
 クリュサオールは手出しをしない。その理由を理絵子は知る。端的には本橋美砂の水晶イージスを突破できないからであるが、事態が膠着したわけではない。
 美砂の念力衰えてプロペラ威力下がることを待っている。
 理絵子はアルヴィトの傍らに立った。
 意志にする必要すら無い。超能力を意図して行使している理絵子にはマイクロ秒の単位で視界を解像できる。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション-05-

←前へ次へ→

 背中合わせに登与が一言。
〈死。破壊。虚無……あなたを亡き者に出来ればそれでいい。肉の身を奪い心むき出しにしてその心弄び狂わせる〉
 霊的生命はいずれも男性的特徴を露わにした。性的な方向か。それは棒状であると知るが、全部つながってリングになっている。それに自分たちは囲繞されている。
 ならば。
 変な話男性同性愛を扱ったティーンズノベルの応用である。性的に気持ちよくなって頂く。心理的バイブレーション。リングが膨張し、赤らんでビクビク震え出す。
〈達する直前に寄越せ!〉
 声があった。戦女アルヴィト。“気持ちよくなった”霊的生命は一瞬だが状況を見失った。その一瞬に彼女に引き渡す。
 アルヴィトは聖剣で全員切り刻んでしまった。
 これに大変な驚愕を示したのが“黒い顔”であった。沈む太陽のように闇へ消えようとする。
〈逃がすな!〉
「オン・ロケイジンバラ・キリク・ソワカ」
 十一面観音の真言。
“守護”
 この場で用いるべき力のベクトルとは真逆の方向であろう。理絵子自身、なぜこの言が口を突いて出たか知らぬ。それは黒い顔もそうであったようで、驚愕からか動きを止めた。
 その状態は霊的な時空と肉体世界との接続点が時空構造を壊して出現している状況であって、急激な気象的擾乱を励起した。唐突に雲が起こり発達し、雷鳴轟いて雨が滝。
 周囲に迷惑がかかる。長い時間は掛けられない。理絵子は認識し、黒い顔と対峙した。
 神話の挿絵に出て来るゼウスを思わせるヒゲ男。
 が、ニンマリと口を開き、歯が剥き出され、よだれを垂らす。サディスティックでやや狂が入った笑み。
-滅す-
 黒い顔の意志は明確であった。自分を消滅させる。
 示唆が来る。この真言を遣わしたのは真言自身。つまり、言霊(ことだま)。
 言霊は言う。我を解け。
「ドシャコ!」
 理絵子は口にし、空中を“デコピン”のように中指で弾いた。
 現実世界に突き出た顔に天空から聖剣一閃。
 アルヴィトが突き出た首を切り落とした。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション-04-

←前へ次へ→

〈キリが無い〉
 登与が呟いたその時。
 どん、と音を立て、天井から黒く大きな毛むくじゃらが落ちてくる。
 人の顔より巨大なクモである。天井を破って出てきたわけではない、テレポーテーション的にそこに沸いて出た。大きさといい、もちろん、節足動物のクモそのものではない。
 理絵子は知っていた。海岸の洞窟で、疎まれて寂しく死んだ姉弟を守っていた霊的なクモだ。
 すさまじい速度でカマドウマを駆逐して行く。喰らい、潰し、粘液を吐きかけて溶かし。
〈あなたは……〉
〈それより教会に行って下せえ。すげえのが出て来る。こいつらは単なる足止め〉
 クモの助言に“地の底からの唸り”のような声を理絵子は聞いた。もちろん霊的な物であるが、策が露見しての悪態として良いようだ。なお、教会というのは理絵子の友人が騙されて連れ込まれ、暴行および洗脳を受けそうになった外観上キリスト教のそれに似せた施設。友人を助ける際人死にが出た。
 そこを“軸”というか“穴”というか、何かしら変換点として“現れ出でよう”としている。
〈行くよ〉
 本橋美砂に連れられる。身体が周囲の空気ごとぐいと動き、引き寄せられるように庭へ移動し、空中へ浮遊する。
 それは超能力ものSFに出て来る“空を飛ぶ”イメージを覆した。“可能な限り高速で移動する”経路に空中を選んだだけ。映像ディスクのCM飛ばしに近い。自分たちだけ空間まるごと切り取られ、チェスの駒のように動かされているイメージ。風が吹くでなく、音がするでなく、落下するような気持ちはないが、逆に飛翔している感覚もない。景色だけが飛躍した。
 教会の上空に達する。黒塗りの高級車、スーツの紳士と刑事数名。
 空中に出現した彼女らに向かい、気付くはずの無い刑事らが振り仰ぎ、その腰ベルトから銃弾が発射される。
 同じことを何度も……。理絵子が思った瞬間。
〈罠!〉
 不意に“空中に投げ出された”形になり、服と髪の毛乱れはためかせ、轟と風唸る音聞きながら落下に転じる。その間仰向けに呪文を唱えよと示唆を受ける。真言を口にし手指絡めて印契を結んで胸の前へ。
 仰向けになって全容が見て取れる。空中に黒く大きな顔があり、口を開けている。その下に一人立ち向かう形で浮かび続ける本橋美砂。
〈私はいいからあなたは自分とお友達を〉
「ノウマク・サンマンダバザラダン・カン」
 不動明王真言一閃。
 結界が作られ、自分と登与と2人中空にビシャリと停止する。そこがあたかも地面かのような盤石さである。見渡すと何やら囲まれていると判る。リング状の霊的生命である。

(つづく)

| | コメント (0)

【魔法少女レムリアシリーズ】テレパスの敗北 -09-

←前へ次へ→

「スキャンしても?」
「今はもっとしわくちゃだよ」
「補正推定ができます。後で今の年齢をお伺いします」
 冷徹で不躾だと思いつつ。ウェストポーチから取り出す軍用トランシーバみたいな外観の衛星携帯電話。アダプタで接続するサイコロみたいなカメラ。
 アルバムの幸せと真逆な、角ばって黒い機器たち。
 衛星電話なので空が見える場所じゃないと使えない。窓際へ持って行って通信確立。送信待ち(Waiting...)と文字が出てカメラで撮影。
 送信している間に写真に手のひらで触れる。サイコメトリ(Psychometry)。それは込められた思いを事後読み出す能力と言えば適切か。
「体が大きいから運動が得意かな……大学に行って苦労しないでほしいな……」
 彼女は拾った思いが勝手に口から出ていることに気づいていない。それは祝福のきらめきのゆえに彼女の自制を超えて飛び出してしまった。
 気が付く。この写真に「おじいちゃん」は写っていない。
「この時、おじいさまは?」
 この質問には叔父殿が応じた。
「もう、入院してたな。……心臓だった」
 おばあちゃんの思いを探す。
“私だけ写っても”
 応じた内容。および、これが“トリガである”という感覚。
 行く末を知りたくてアルバムを数葉めくるが、「おじいちゃん」と映った写真は出てこない。
 あったが、遺影とともに。
“会わせたかった”
 彼女は、アルバムを、そっと閉じた。
「姫ちゃんどした?」
 彼女の頬伝うきらめきにうろたえる平沢。
「気にしないで……あなたは、祝福と期待に包まれて育ったんだねって。ええと、おばあさまが普段過ごされてる部屋はどちら?常用されてる薬とか確認したい」
 振り払って立ち上がる。なお彼女の発言には一つ嘘がある。本当に欲しいのは“現在のおばあさまの感情”である。
「ああ、なるほど。ええとこちらですどうぞ」
 叔父殿が手のひらで示す。いったん廊下へ出、少し歩くと右側へ折れている。奥へ進んで階段だがそこではなく、左手、襖を開く。
 ガタガタと滑りの悪い襖を男の力任せで開けると和箪笥と茶箪笥が向かい合う和室。ちょっと埃っぽい。
“心ここにあらず”
 それは第一印象。あまり、この部屋に対して“自室”という感情をお持ちでない。
 と、ブスブス……という感じのオーディオ的なノイズ。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション-03-

←前へ次へ→

 挑戦の意思と殺意。
〈しくじった〉
〈いえ〉
 少なくも大剣はそれを人格統合体として存在することを阻止した。
〈理絵ちゃん!〉
 呼ぶ声に振り返る。もう一人の霊的な友、高千穂登与(たかちほとよ)という。
 テレパシー使い。
 振り返った理絵子の視界に映じたのは、庭で歯を剥いてシャーと威嚇する……ネコの姿であった。近所に居着くでっぷりと大柄な虎縞の野良猫、トラと呼ばれる。庭でたまに糞をする。
 憑依されているのであった。それは分裂してその程度になったのと同時に、理絵子に挑戦しているのだ。憎たらしいとはいえネコが殺せるか。
〈任せて〉
 理絵子は声に出さず友二人に答えた。答えは持っている。
 トラが異常な跳躍力を発揮して庭から飛びかかってくる。引っ掻こうと出された前足を、首傾けて数ミリで避ける。
 トラが座敷に飛び降りる。
 しかしその時理絵子は元の場所にいない。
 その代わり、右手にハサミを持ってトラの背後にいる。ハサミは美砂に念力で取り寄せてもらった。自分の意識は読めるようだが、友が何をするかまでは見てはいないだろう……斯くて然り。
 トラ、に憑依した者がそれと気付いたとき、理絵子はトラのひげを切り落とした。
 ネコとしての本能的な行動意欲が減退する。分裂して低下した能力の故に、ネコ本来の能力に依存し、霊はそれ以上のことはできない。
 トラが突如バタリと倒れる。失神したのであり、憑依者が抜け出したのだ。そこへ霊界から剣が伸びて来てぶすりと刺してしまう。
 剣が力として吸い取る。まるでヒキガエルを食うヤマカガシが、その毒を我が物とするかのように。
 この一連の動きを見ていて。
 驚愕を有した心理が畳の下一面に広がっていると理絵子は知った。
 “一つの意識”ではない。
 そしてそれが来る。
 床下から庭へ黒い泥水のような物が流れだし、波打ちながら広がり、その泥水が一気にバラバラになり、理絵子と、姉と、友へ、一散にぴょんぴょん跳びかかる。
 夥しい数のコオロギの仲間、カマドウマ。
 美砂が腕を下から上へ振り上げた。念動力が発動され、太鼓をたたくようなドンという音が響き、家の中から暴風が生じ、引きずられるようにカマドウマがざあっと空へ持って行かれた。
 しかし畳の隙間から止めどなく泥水が染みだし、次々にカマドウマに形象を変えて這い上がってくる。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション-02-

←前へ次へ→

 玄関呼び鈴チャイムがピンポン。
「はーい」
「私でしょ」
 母親の声を遮り、理絵子は2階から階段を降り始め。
 気付く。
「伏せて!」
 理絵子は残り数段を駆け下り、1階廊下に立ってこちらを見ている母親の身体を引き倒した。
 パン、パンと乾いた、かんしゃく玉の破裂に似た音がし、玄関ドアと台所からわずかなタイムラグを持ってバシ、バシ、と鋭い音が出る。
 銃弾である。
 護身の真言を唱えようとするが不要と判ずる。相手は庭へ動いている。その様が手に取るように判る。が、何も出来ない。
 否。
〈理絵ちゃん任せて〉
 庭へ走り込む拳銃片手の目の前に、陽光輝く天から突如、ブレザーの制服を着た“姉”がふわりと降り立つ。
 その姿と言動から理絵子が“みさねーちゃん”と呼んでいる娘。
 本橋美砂(もとはしみさ)。17歳。念力使い。
 降りて来ただけで拳銃片手の私服警官が透明な張り手を食らったように突き飛ばされる。天からふわりと降りて来たと書いた……彼女は弘法大師空海の伝説よろしく空を飛んできた。念力の分類用語で空中浮揚(レビテーション)とか言う。
 だが、そんな分類、どうでもいい。
 私服警官が庭先にゴロンと転がり、動かなくなる。
〈そこにいるぞ!〉
 声だけ。アルヴィトであった。私服警官は憑依され操られており、前後不覚に伴って憑依の主体が中から出てくる。
 人型のような“もや”が陽光降り注ぐ庭先で超視覚に映じた。
〈見てはならん。罠だ〉
 人型の向こう、超視覚野に白馬のアルヴィトが出現するや、腰の大剣を抜きながら振るった。
 大剣がもやを切り裂く。割れた水風船のように、飛び散る水しぶきのように、もやの構成要素が四散する。
 アルヴィトの表情に失敗が見て取れた。
 それを本来の目的とする罠だったのだ。もやの正体は個々の怨念が集合してできあがった一種のゲシュタルト。それが多数の霊体に分裂した。
 多数が同時に具象化するのを阻止することはできまい。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】サイキックアクション-01-

←理絵子の夜話一覧次へ→

プロローグ

「汝、守りたい者はあるか」
 問う声があった。
 成人した、しかしまだ若い女の声だ。
 日本語で、肉声のように感ぜられたが、夢の中だと理絵子(りえこ)は認識している。しかしそこは意識だけで動く世界であるから、幽体離脱(アストラルプロジェクション)の状態との区別は難しい。幽体離脱の可能性の故は、その声の主を理絵子は知っており、相互に住んでいる時間と次元が異なる。
「家族と、友と、クラスメート」
 答えると、声の主の姿が浮かぶ。鋼の武装から金色の髪をなびかせ、こちらを見つめる馬上の麗人。
 北欧の伝説に名を残す戦女、アルヴィト。
 逢うのは二度目である。死神に襲われた際、時空を超えて助太刀に来てくれた。その際、必要に応じ助けを求めよ、と言ってくれた。
 そのアルヴィトが自分の夢に。余程の事態ということであろうが、その理由はすぐに判った。
 自分が絡んだ事件が先に起こった。エセ宗教家から友人を救い出すに際し、その宗教家の教会が爆発し、宗教家と周辺が死亡したのだ。
 それは巨大な罠だったと警告に来てくれたのだ。自分と、自分の大事な全てを破壊するため魔が仕組んだのだという。そして、それを“夢に直接”の故は、テレパシーや、類似の超常感覚による察知の防止。
「汝の意思は受け入れた。だがしかし、肉の身に収まっている者は逆に我らからは察知できぬ。これからの時制は防げるが、過去に属する既には防げぬ。戦いに備えよ。よろしいか」
「はい」
 理絵子は答えた。その事件の場において、ただでは済まぬと思っていたが、全面・全力で攻撃に来るというのか。
 超能力で攻撃される。SF・恐怖マンガそのものの世界。伝説級の魔族が戦いを挑んでくる。少し前の自分なら怖じ気づいていたかも知れぬ。なぜなら自分は“感覚”は持つが、念動力・サイコキネシスは持たぬ。
 しかし今は違う。知る力を持つ自分と、守る力を持つ友と、
 攻める力持つ“姉”がいる。
「心を閉じるな。それこそが罠だ。恐怖に負けず開いて居よ。ならば、私は常にこちらの側から汝が見える」
「ありがとうございます。どうぞその時はお力添えを」
「心得た」
 馬上の戦女は振り返って笑んで見せ、髪をたなびかせ馬にて去った。

(つづく)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】聞こえること見えること-04・終-

←前へ理絵子の夜話一覧へ→


「ありがとう」
 理絵子は彼の所へ戻り、マフラーを受け取って言った。
「あの……」
 彼は何か言いかけた。が、そのまま何も言わず、理絵子に渡したマフラーから手を離し、背を向けて走り出した。
 翌日、学校に来た理絵子の机に大振りな封筒一つ。開けると楽譜。
「おおっ!りえぼーがまたもらってるぞ!」
「誰から?誰から?え?…楽譜じゃん」
 集まってくる女子生徒達。そのうちの一人が楽譜のタイトルを読んだ。
「Josef Strauss、op.28 Sylphide - Polka-Francaise」
「わっかんないよ」
「ヨゼフ=シュトラウス、作品28。フランス風ポルカ、“シルフィード”」
「しるふぃーど?」
「風の妖精のこと」
「へー。妖精。……おっと妖精と来たか」
「何かゴーヂャスだね。コクる手段としては斬新でないかい?」
「で、これどうしろって?妖精のようなあんたに妖精のように弾けと要請?」
「あたしバイエルも弾けませんが何か。それにそれ面白くないし」
 理絵子は彼女たちに言い、さっさと楽譜をしまった。
 差出人もその意図も判っている。少なくとも彼女たちが思っているようなことではない。
「返事するの?」
 そう言ったのは、良く理絵子に相談を持ちかけるメガネの彼女。心配なほど大人しい娘。
 理絵子はちょっと考えて。
「シューマン、作品15の7」
 とだけ言い、彼女たちを残して、名簿を取りに職員室へ向かった。この曲ならどこぞの少女マンガに出ていたので、こういう言い方が出来る。
「え?何それ?」
「子どもの情景?………あ、トロイメライか」
「トロイメライ?」
「“夢”」
「うわ、きっつ~」
 そういう意味じゃないって。

聞こえること見えること/終

→理絵子の夜話一覧
→創作物語の館トップ

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】聞こえること見えること-03-

←前へ次へ→

 ああ。
 理絵子は気が付いた。
 彼は意志あると考えて読み取ろうとしているのだ。それは万物に精霊が宿ると考えていた古代日本の発想そのもの。
 思い出す言葉がある。それはいわゆる霊山と呼ばれる地で修験者が口にしたもの。
「草花は雨に歌い風に踊り、訪れる虫たちはさざめいて恋を語らい、木々は鳥たちに遠い異国の声を聞く。雲は天の移ろいを教え、天道の輝きは水を、月は心を温める」
 理絵子は言った。彼は瞠目を理絵子に向けた。
「受け売りだけどね。人は自分も自然の一部であることを忘れていると。自然から受け取ろうとする努力を怠っていると。そういうことと違う?」
 言いながら、理絵子は“風の気持ち”を判ろうと風と陽光に身を置いてみた。すると、風は確かに冷たいが、手や頬に感じる陽光は冬至の頃より確実に強くなっているのを感じる。
 そして、風自体もひと頃のような力任せに吹き付ける、というほどではない。言葉にしてみると。
「もう少し、あと少し。かな」
「え?」
「私の聞いた風の声」
 理絵子の言葉に彼は嬉しそうな笑みを見せた。
「黒野さん。その、変なこと言うかも知れないけど……僕、黒野さんって他の女子とちょっと違うって気がしてたんだ。その、何というか、巫女的というか、こういう話判ってくれそうなタイプというか。言ってること判る?」
 彼は少し頬を赤らめ、戸惑いながらそう言った。
 まるで小学生の可愛い弟である。理絵子は小さく笑って。
「そういう内容はあんまり学校で口にしない方がいいね。私は嫌いじゃないからいいけどね。それから、風や光の言葉をそのまま口にしないこと。たとえみんなに言いたくなってもね。理由は君が気にしている通り。学ラン着ている以上ランドセルの頃とは違うよ」
 その言葉に、彼はうつむき気味にはにかんだ。
「わかった。気をつけるよ」
「了解。じゃね」
 理絵子は手を振って学校の方へ歩き出した。自分の家は学校を挟んでまるで逆の方向だ。
 現代社会では生きにくいタイプだろうなと思う。繊細な上に感受性が鋭すぎるのだ。わずかな、些細なことでも、強く大きく捉えてしまう。
 と、再び突風が来、マフラーを飛ばされた。
「あっ」
 振り向くと舞い上がるマフラー。反射的に言いたくなる。戻って、取って。
 見えた気がした。そして、こんな意志の動きを感じた。
“任せて”
 期せずして彼が振り返る。そして手を伸ばし、舞い降りるマフラーをその手でつかむ。
 思わず彼と顔を見合わせてしまう。“何か”を、彼も感じたのは確かだ。そして彼も、自分が何かを感じたことに気付いている。意識の共有、シンパシーという奴である。それは“存在”というか“意識”というか。少なくとも空気の流れという無機な存在ではない。

(次回・最終回)

| | コメント (0)

【理絵子の夜話】聞こえること見えること-02-

←前へ次へ→

 頭を下げる担任に作り笑顔で応じ、さっさと職員室を出る。まずは話を聞いてみるべし。
 マフラーを巻いて外へ。今日は風が強い。大寒という二十四節気の言葉の通り。
 突風に吹かれて思わず風に背を向ける。すると、目線の先、住宅街の道の真ん中で、その風に吹かれるまま立っている男子生徒が一人。
 彼だ。理絵子はゆっくり近づいて行った。しかし彼は何かに聞き耳を立てるかのように目を閉じて下を向いており、理絵子に気付く気配はない。
 なるほど変である。理絵子は納得した。教室でこの調子では確かに気味悪がられる。気づかなければ気にならないが、気にし始めると気になり続ける。
 風が一息。彼が首を持ち上げて目を開く。理絵子を見つけ、目を向ける。
「黒野……さん?」
 しかしさして驚いた風でなく、どころか事前に知っていたかのように、彼は言った。
「ひょっとして、君も聞こえてた?」
 その一言で、理絵子は、彼が普通の男の子とは違う感性を持っていると判じた。
 そしてそれは、避けられる方が多い言動であろう。ただ、自分が同じ反応をしてしまっては、色々ときっかけを失うこと必定。
「私は別に。何を聞いていたの?」
 ごく普通に訊いてみる。すると、
「風の声」
 彼が即答して程なく、再び風が吹いてくる。理絵子は彼がしたように目を閉じて耳を澄ましてみる。風が言う。風が語る。詩歌に聞くフレーズであるがしかし、いわゆる風の息と呼ばれる揺らぎは感じるが、それ以上のものはない。
「僕、変かな」
 風の切れ目で、彼は言った。
 理絵子は目を開く。
「他には、どんな声を聞いてるの?」
 理絵子は彼の問いには答えず訊いた。こういう場合、必要なのは理解者がいること。但し一人で必要充分。
「聞いているのは風だけかな。他には、光の顔を見たり」
「光の顔?どうやって?」
「どこでもいい。光の当たっているところを見るんだ。壁でも、地面でも、何でもいい」
 弾む声で彼は言う。理絵子は釈然としないまま、近場の家の壁を見つめた。顔すなわち表情。ということは表情が変わるのか、それとも意志あると考えて読み取ろうとするのか。
“共感覚”という言葉を思い出す。音楽に色を感じたり、文字列にグラデーションを見たり。風の声で実は何か見えているなら理解する。
 でも“光を見る”と“表情が浮かぶ”なら少し違う。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧